スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月17日

先輩から「簡単に稼げる方法がある」と誘われたが、話と違い儲からない。なんとかお金を取り戻せないか。

No.115912

半年前、大学の先輩から「簡単に稼げる方法がある」と誘われ、カフェに行きビジネスや夢の話を聞いた。その後、2回目に話を聞きに行った際に51万円のバイナリ―オプションの教材USBを購入するよう勧められた。人を紹介すると紹介料5万円を受け取れる連鎖販売取引である説明を受けたが、契約書をじっくり読む時間はなかった。お金がないと言うと学生ローンで「留学すると言って借りればいい」と教えられ、断り切れず契約をした。しかし結局、教材のUSBを使用しても簡単に儲けることは難しいことがわかった。20日間のクーリング・オフ期間は過ぎているが、人を紹介するつもりもなく、借金の返済が苦しい。なんとかお金を取り戻せないか。

回答

大学生等の社会経験の乏しい若者を、「簡単に稼げる投資の話」などと誘い、借金させて高額な投資用教材の契約をさせる連鎖販売取引(マルチ商法)の相談が多数寄せられています。以前は、投資用DVDでしたが、最近は投資用のUSBや情報商材を「いい儲け話がある」などと販売目的を告げずに喫茶店等に呼び出し、契約をさせます。

連鎖販売取引(マルチ商法)の書面を整えている場合、クーリング・オフ期間(20日間)を過ぎると、原則、連鎖販売取引(マルチ商法)としてのクーリング・オフでの解決は困難です。ただし、契約日から1年以内で商品(USB)が未使用であれば、中途解約は可能です。
なお、投資用教材で確実に利益が得られないのに、「簡単に儲けることができる」と誘うことは、禁止されています。

解約に際しては、勧誘時の禁止行為の問題点等を伝えて、事業者と話し合いをすることになります。

連鎖販売取引(マルチ商法)においては、特定商取引法の規制を守りながら人を誘うことは容易ではなく、結果的に誰も加入させることができず、友人を失い、自身の経済的負担だけが残ってしまうリスクがあります。また、嘘をついて借金をするよう勧められたら要注意です。投資に必ず儲かるということはありません。

少しでも納得できない、また、不安な契約であれば、早めに消費者行政センターに御相談ください。



1 相談窓口:消費者行政センター相談コーナー
2 対象者:市内在住・在勤・在学のいずれかに該当する方が対象
3 相談方法:電話または相談窓口へ
4 受付時間:月~金曜日 午前9時~午後4時(金曜日は電話のみ午後7時まで)
         土曜日   午前10時~午後4時(土曜日は電話のみ)
5 休日:日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 相談コーナー

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3030

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp