スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月4日

水道水の水質(鉛)に関する情報について知りたい。また、水道水の中にどのくらいの鉛があるのか測ってほしい。

No.13525

回答

鉛の健康影響については、慢性中毒として疲労、便秘等、急性中毒として嘔吐、腹痛等があります。
平成15年4月に水質基準が、0.05mg/Lから0.01mg/L以下に強化され、鉛の一層の低減化を推進しています。

鉛製給水管の中で水が動かずに滞留している時間が長くなるほど、鉛は水に溶け出して来ます。朝一番の水など、長時間使用していない時の使い始めの水については、バケツ一杯分程度を流してから使用していただければ問題はありません。流した水については、雑用水等にご使用ください。

本市では、「水道水中に含まれる鉛濃度の実態調査結果」について、上下水道局ホームページに掲載していますので、御覧ください。
なお、水道水中の鉛の測定、鉛製給水管の取替え等に関するご質問は、上下水道お客さまセンターにお問い合わせください。

1 方法:電話、FAXまたは電子メールで
2 受付時間: 年中無休 24時間

このよくある質問に対するお問い合わせ先

上下水道お客さまセンター 電話:0120-014-734  FAX 044-200-0041
             電子メール kawasaki@jougesui.jp

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。