スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

よくある質問(FAQ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2008年7月16日

傷病者に最も適した体位を症状別に知りたい。

No.12608

回答

傷病者に最も適した姿勢を選定するためには、事故の形態及び傷病者の症状、更には周囲にいた人たちからの情報等を総合的に判断し、傷病者の救命上、最も適した姿勢を選定しなければなりません。

1 ショックのとき
椅子等を利用して傷病者の足側を水平より約15cm~30cm高く上げます。
2 呼吸困難のとき
傷病者が希望する最も楽な姿勢をとらせます。また、寝たり立ったりしている場合は、静かに座位又は半座位の姿勢をとらせます。
3 意識はないが呼吸があるとき
気道確保を行って、その姿勢を維持できる回復体位(側臥位)をとらせます。
4 腹を強く打っているとき
傷病者を仰向けとして膝を立てて両足を軽く開きます。立てた膝の下には毛布等の当て物を入れ、安定させます。
5 背中・腰を強く打っているとき
傷病者を仰向けに寝かせ、体全体が水平状態になるようにします。

※ 症状に合った姿勢をとり、体位を無理強いしないこと。

このよくある質問に対するお問い合わせ先

消防局 電話:044-223-2627
臨港消防署 電話:044-299-0119
川崎消防署 電話:044-223-0119
幸消防署 電話:044-511-0119
中原消防署 電話:044-411-0119
高津消防署 電話:044-811-0119
宮前消防署 電話:044-852-0119
多摩消防署 電話:044-933-0119
麻生消防署 電話:044-951-0119

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。