スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

学校施設有効活用事業への予約システム等の導入に関するサウンディング型市場調査の実施について【終了しました】

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年8月31日

コンテンツ番号151652

予約システムやスマートロックの導入可能性等を調査するために事業者との「対話」を実施します

川崎市では、昭和39(1964)年度から、校庭、体育館及び特別教室等の学校施設を学校教育に支障のない範囲で市民に開放する「学校施設有効活用事業(以下、「本事業」と言います)」を行っており、令和元(2019)年度からは、本事業において比較的利用頻度の低い特別教室等をさらに活用してもらうための「Kawasaki教室シェアリング」の取組を進めています

この度、昨年度の「学校施設のさらなる有効活用に向けた実証実験」をはじめとした本市における取組等を踏まえ、本事業への予約システムやスマートロック(以下、「予約システム等」と言います)導入の可能性等を調査するために、民間事業者の皆様から幅広く御意見等をいただき、取りまとめた内容を今後の具体的な公募条件等の整理に活かします

添付資料

調査スケジュール

調査スケジュール
内容 日時 
事業者向け説明会の参加申込期限 6月20日(火)17時まで 
事業者向け説明会の開催6月22日(木)15時から
個別対話の参加申込期限7月5日(水)17時まで
個別対話の実施日時及び場所の連絡7月7日(金)まで
説明資料の送付期限個別対話実施日の2日前(閉庁日除く)
個別対話実施期間7月10日(月)から7月28日(金)まで
実施結果概要の公表8月下旬

調査を求める事業の概要

本事業に関する資料等が掲載されているホームページは、次のとおりです

関連記事

調査の方法

民間事業者のアイディアやノウハウ等の保護を図るため、調査は非公開による個別対話にて実施します。調査は、原則として教育委員会事務局地域教育推進課の職員が対応いたします

調査の内容

  1. 予約システムの具体的な機能及び運用方法
  2. スマートロックの具体的な機能及び運用方法
  3. 予約システム等の導入スキーム(調達方法、費用負担、運用期間等)
  4. 予約システム等の導入に伴う概算経費
  5. 予約システム等の稼働までに要する期間
  6. 本市、学校、利用者等に対するサポート体制
  7. その他関連すること

調査の対象者

今後、本事業へ予約システム等を本格的に導入することとなった際の事業者公募に対して、実施主体として参画する意向のある法人格を持つ民間事業者(NPO法人その他の団体を含む)またはそのグループを対象とします

事業者向け説明会(終了しました)

個別対話への参加を検討される民間事業者に向けた説明会を、実証実験実施校の1つである高津小学校で開催しました
当日の配布資料及び質疑内容については、次のとおりです

事業者向け説明会の配布資料及び質疑内容

個別対話(終了しました)

令和5(2023)年7月10日(月)から同年同月28日(金)まで実施期間として、個別対話を実施しました

個別対話の結果概要は、次のとおりです

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会事務局生涯学習部地域教育推進課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地 明治安田生命ビル3階

電話:044-200-3309

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88chiiki@city.kawasaki.jp