スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

電車車両(でんしゃしゃりょう)(デハ200型)(では200がた)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2006年2月20日

コンテンツ番号6281

社会>交通手段>鉄道

所在地

川崎市宮前区宮崎2‐10‐12(東急宮崎台駅)

所有者

電車とバスの博物館 map

電車車両(デハ200型)

電車車両(デハ200型)

デハ200型の電車車両は、昭和30年に東急車輛製造で製造した、超低床、超軽量連接車です。車体は張かく構造を採用し、乗り降りしやすいように床面が590mmになっています。車輪径は510Φと小さく、また連接部は一軸台車です。発電ブレーキ付きの自動加速制御器を備え、平行カルダン駆動の38kwの主電動機を制御していました。玉川線廃止により、昭和44年全車廃車になりました。現在博物館で展示されているのはデハ204型です。

一般公開 有

お問い合わせ先

電車とバスの博物館 事務局

電話:044‐861‐6787

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp