スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

公害健康被害各種手続の御案内

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年3月28日

コンテンツ番号21209

認定更新・障害の程度の見直しの手続き

公害医療手帳の更新

 認定の有効期間(3年)の満了前に認定疾病が治る見込みがないときは、認定の更新を申請することができます。認定の有効期間満了月の3ヶ月前の月初に「認定更新のお知らせ」をお送りしますので、更新の手続きを行ってください。
 認定の有効期間が満了する前に手続きをされない場合は、災害その他やむを得ない理由により申請できない場合を除き失効となります。1度失効すると再度認定されることはありません。
 認定の更新は、提出された更新申請書、主治医診断報告書、医学的検査結果報告書等に基づき、川崎市公害健康被害認定審査会に諮って決定されます。更新の手続きを行っても、認定疾病が治癒していると判断され、認定が更新されないこともありますので、あらかじめ御了承ください。認定が更新された方には、新しい公害医療手帳をお送りします。

障害の程度の見直し

 障害補償費・療養補償金の支給を受けている方は、年に1回、障害の程度の見直しの手続きが必要です。手続きの時期が来ましたら、「障害の程度の見直しのお知らせ」をお送りしますので、手続きを行ってください。
 提出された主治医診断報告書、医学的検査結果報告書等に基づき川崎市公害健康被害認定審査会に諮って障害の程度が決定されます。
 手続きが遅れると障害の程度が決定できず、障害補償費や療養補償金の支給が停止されることがありますので御注意ください。

改定請求

 障害の程度が3級以上の方は、認定疾病が悪化したことを理由に、見直しの時期でなくても障害の程度の改定を請求することができます。提出された改定請求書、主治医診断報告書、医学的検査結果報告書等に基づき川崎市公害健康被害認定審査会に諮って障害の程度が決定されます。請求される方は、環境保健課まで御連絡ください。

障害補償費の請求

  障害の程度が級外の方は、認定疾病が悪化したことを理由に、障害補償費を請求することができます。提出された障害補償費請求書、主治医診断報告書、医学的検査結果報告書等に基づき川崎市公害健康被害認定審査会に諮って障害の程度が決定されます。請求される方は、環境保健課まで御連絡ください。

各種手続きについて

次の場合は、届出が必要ですので、環境保健課まで御連絡ください。

住所の変更

提出する書類

  • 住所・氏名変更届
  • 住民票(川崎市内の異動は不要)

氏名の変更

提出する書類

  • 住所・氏名変更届
  • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)
  • 公害医療手帳
  • 補償給付費銀行振込口座指定届

書類送付先の変更

住所は変わらないが、書類の送付先を変更したい場合

提出する書類

  • 住所・氏名変更届

振込先金融機関の変更

振込口座を変更する場合、銀行名・支店名が変わった場合等

提出する書類

  • 補償給付費銀行振込口座指定届

公害医療手帳の紛失・破損

提出する書類

  • 公害医療手帳再交付申請書

認定疾病が治った場合

提出する書類

  • 公害医療手帳返還届
  • 公害医療手帳

死亡した場合

提出する書類

  • 公害医療手帳返還届
  • 公害医療手帳
  • その他必要書類

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所環境保健課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2488

ファクス:044-200-3937

メールアドレス:40kankyo@city.kawasaki.jp