スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

市内の交通事故発生概況(週間)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年7月18日

市内の週間交通事故発生概況(7月8日~7月14日)

7月8日(月曜日)から7月14日(日曜日)の間、川崎市内の交通事故発生件数は55件、死者は0人、負傷者は63人でした。
区別の発生件数内訳は、川崎区8件、幸区7件、中原区9件、高津区5件、宮前区5件、多摩区11件、麻生区10件でした。

市内の年間交通事故発生概況(1月1日~7月14日)

区別発生状況(概数)

区別発生状況(概数)
 件 数死者数負傷者数
重傷軽傷
川崎区402440421461
幸 区142119141160
中原区157010173183
高津区166213171184
宮前区240211254265
多摩区266324276300
麻生区1901  7199206
川崎市内1,563131241,6351,759
神奈川県内12,2307274213,51814,260

当事者別死者数(概数)

市内の交通事故死者数は13人で、内訳は自動車0人、二輪車(原付を含む)4人、自転車1人、歩行者8人、その他0人です。

川崎市からのお知らせ

自転車損害賠償責任保険等への加入が義務化されます

自転車損害賠償責任保険等の加入義務化を盛り込んだ「神奈川県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されました。

令和元年10月1日以降、神奈川県内で自転車を利用される方については自転車損害賠償責任保険等への加入が義務化されます。

本条例に関する詳細は、神奈川県のホームページを御確認ください。外部サイトへリンクします

自転車損害賠償責任保険等とは

自転車の利用に起因する事故により他人の生命又は身体を害した場合における損害をてん補することができる保険又は共済のことをいいます。

自転車向け保険のほか、自動車保険や火災保険の特約(個人賠償責任保険)、PTA保険、TSマーク付帯保険などがあります。

まずは加入状況確認シート(PDF形式,276.10KB)を活用して、御自身が加入している保険等で自転車利用時の事故による損害が補償されているかを確認してみましょう。

関連記事

事故防止のポイント

ドライバーの方は…

  • 「思いやり」と「ゆとり」を持ち、交通ルールを遵守して運転しましょう。
  • 常に周囲に対する注意を払い、「かもしれない運転」を実践しましょう。
  • 横断歩道では、横断歩行者が優先です。横断歩道の手前では必ず減速し、横断歩行者がいる時は道を譲りましょう。

二輪車(原付)の方は…

  • プロテクターや二輪車用エアバッグなど「我が身を守るグッズ」を着用しましょう。
  • 無理な追越し、割込み、すり抜け等は大変危険です。特に、交差点付近では、右折車や左折車の死角に入り、交通事故の原因になります。絶対にやめましょう。

自転車の方は…

  • 自転車は車両です。自動車と同様の守るべきルールを守りましょう。        
  • スマートフォン等の通信機器や飲み物等を保持しての運転、イヤホンを装着しての運転は、大変危険です。絶対にやめましょう。
  • 幼児だけでなく、大人の方もヘルメットを着用しましょう
  • 万が一に備え、自転車保険に加入しましょう。

歩行者の方は…

  • 交通ルールを守り、信号無視や無理な横断は絶対にやめましょう。
  • 道路を横断するときは、必ず左右の安全を確認しましょう。また、車両の直前・直後の横断はドライバーの死角になりやすく、大変危険です。遠回りでも横断歩道を渡りましょう。
  • 明るい服装や反射材を着用し、ドライバーに自らの存在を知らせましょう。

飲酒運転は絶対禁止です!!

平成18年以降の取り締りの強化及び飲酒運転根絶に対する社会的気運の高まりや平成19年以降の厳罰化等により、飲酒関係の事故は減少傾向にありますが、いまだに飲酒運転をする身勝手な悪質ドライバーが後を絶ちません。

飲酒運転は、自分だけでなく、他人の人生まで奪う可能性のある悪質な犯罪です。絶対にやめましょう。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民生活部地域安全推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2266

ファクス:044-200-3869

メールアドレス:25tiiki@city.kawasaki.jp