スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

浄化槽の設置・報告書の届出

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月1日

  • 公共下水道処理区域外に水洗便所を設置する場合には、浄化槽を設置しなければなりません。
  • 浄化槽は、浄化槽法(昭和58年法第43号、以下「法」という。)により、設置から関係書類の届出、保守点検、清掃等維持管理について規定されています。
  • このページについての詳細は、川崎市浄化槽指導要綱第1章をご覧ください。

浄化槽の設置届の提出先

建築確認を伴わずに、浄化槽を設置する場合

(汲取りトイレ、単独処理浄化槽等を廃止し、合併処理浄化槽を設置する場合など)

 担当の生活環境事業所に、浄化槽設置(変更)届出書を提出してください。

提出先一覧
浄化槽の設置場所 設置届の提出先電話番号 ファックス番号 
 川崎区、幸区、中原区 川崎生活環境事業所 044-266-5747 044-287-1840

 高津区、宮前区、多摩区、麻生区

 宮前生活環境事業所 044-866-9131 044-857-7045

各生活環境事業所の所在地等
・川崎生活環境事業所
 所在地、川崎区塩浜4-11-9(最寄駅、京浜急行大師線小島新田駅)
・宮前生活環境事業所
 所在地、宮前区宮崎172(最寄駅、東急田園都市線宮崎台駅)

確認申請に伴い、浄化槽を設置する場合

 まちづくり局指導部建築審査課、又は指定確認検査機関へ確認申請時に浄化槽設置(変更)計画書を提出してください。

 

浄化槽の使用開始について

  • 浄化槽の使用を開始した場合は、法第10条の2第1項の規定により使用開始日から30日以内に浄化槽使用開始報告書を担当の生活環境事業所に提出してください。

管理者変更の届出について

浄化槽管理者の変更

  • 浄化槽管理者とは、浄化槽の所有者、占有者その他の者で浄化槽の管理について権原を有する者です。
  • 浄化槽管理者を変更した場合は、法第10条の2第3項の規定により新たな浄化槽管理者は、変更の日から30日以内に浄化槽管理者変更報告書を担当の生活環境事業所に提出してください。

技術管理者の変更

  • 技術管理者とは、浄化槽管理士の資格を有し、かつ、技術管理者資格講習を修了した者です。
  • 処理対象人員501人槽以上の浄化槽には、技術管理者を設置しなくてはなりません。
  • 技術管理者を変更した場合は、法第10条の2第2項の規定により変更の日から30日以内に技術管理者変更報告書を担当の生活環境事業所に提出してください。

浄化槽の廃止について

  • 浄化槽を廃止する場合は、法第11条の2の規定により、浄化槽の使用廃止届出書を担当の生活環境事業所に提出してください。
  • 公共下水道への接続に伴って浄化槽を廃止する場合は、浄化槽の使用廃止届出書の提出の際に、上下水道局の受付印が押印された排水設備新設・増設・改築計画確認申請書を提示してください。
  • 浄化槽の廃止の届出をしなかった場合には、法で罰則(30万円以下の過料)が規定されています。

浄化槽の休止・再使用について

  • 浄化槽の使用を休止又は休止後に再使用する場合は、浄化槽休止・再使用届を担当の生活環境事業所に提出してください。

浄化槽設置資金の助成・貸付について

 市内に浄化槽を設置しようとする方に対して、資金の助成及び貸付けを行っています。ご希望の際は設置届を提出する際に必要書類を添付してください。

・助成金額
1基あたり8,000円

・貸付金額
1基あたり225,000円(浄化槽の処理能力により1,000,000円まで増額可能)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部収集計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2585

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30syusyu@city.kawasaki.jp