スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

ごみ収集車等へのドライブレコーダー導入について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年3月7日

ごみ収集車等へのドライブレコーダー導入を継続して進めています。

川崎市環境局では、事故が発生した時の適切な事故処理、安全運転・事故再発防止に役立てるため、平成22年7月から、ごみ収集車等にドライブレコーダーを導入しています。
なお、ドライブレコーダー装着車には、車体に「ドライブレコーダー作動中」と表記しています。

ごみ収集車 車両前方

車両前方

ごみ収集車 車両後方

車両後方

ドライブレコーダーとは

ごみ収集車の運行中及び収集作業中に、車両前方及び後方の映像を撮影、記録する装置です。
撮影用カメラは、前方撮影用と後方撮影用の合計2台設置します。

ドライブレコーダー 前方撮影用カメラ

前方撮影用カメラ

ドライブレコーダー 後方撮影用カメラ

後方撮影用カメラ

画像の取扱いについて

記録した画像は、法令に定められた場合を除き、第三者に提供することはなく、使用目的以外に利用することはありません。
みなさまにご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部収集計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2570

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30syusyu@city.kawasaki.jp