有害大気汚染物質濃度の経年推移

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月6日

 測定開始から平成26年度までの推移をグラフにしました。今後も、PRTR法の排出量などとあわせて、監視を続けていきます。

ベンゼン(環境基準 3 μg/m3)

ベンゼン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成原料や溶剤として使用されているほか、ガソリン中に含まれており、自動車からも排出されています。
  • 推移
     平成12年1月にガソリン中ベンゼンの許容濃度が5体積%から1体積%となったことや、工場からの排出抑制により、環境濃度は徐々に低下していました。ここ数年は池上測定局で環境基準(3μg/m3)の値の付近の濃度で推移しています。

トリクロロエチレン(環境基準 200 μg/m3)

トリクロロエチレン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     金属製品を製造する際の洗浄溶剤、合成原料や溶剤として使用されています。
  • 推移
     以前は減少傾向を示していましたが、ここ数年は環境基準(200μg/m3)に比べて低い濃度を横ばいに推移しています。

テトラクロロエチレン(環境基準 200 μg/m3)

テトラクロロエチレン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     金属製品の洗浄溶剤、合成原料や溶剤として使用されているほか、身近なところでは、衣服のドライクリーニングの洗浄溶剤として使用されています。
  • 推移
     環境基準(200μg/m3)に比べて低い濃度で減少傾向を示しています。

ジクロロメタン(環境基準 150 μg/m3)

ジクロロメタン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     金属製品の洗浄溶剤などに使用されているほか、インキ成分やペイント剥離剤として使用されています。
  • 推移
     以前は減少傾向を示していましたが、ここ数年は環境基準(150μg/m3)に比べて低い濃度で横ばいに推移しています。

アクリロニトリル(指針値 2μg/m3)

アクリロニトリル経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成樹脂の原料として製造・使用されています。
  • 推移
     全測定局において、指針値(2μg/m3)に比べて低い濃度で横ばいに推移していましたが、平成23年度は池上において濃度の上昇が見られました。

塩化ビニルモノマー(指針値 10 μg/m3)

塩化ビニルモノマー経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     塩化ビニール等の合成樹脂の原料として製造・使用されています。
  • 推移
     指針値(10μg/m3)に比べて低い濃度を横ばいに推移しています。

水銀及びその化合物(指針値0.040 μg/m3)

水銀及びその化合物経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     乾電池や蛍光灯に使用されています。
  • 推移
     年度ごとの変動はありますが、指針値(0.040 μg/m3)に比べて 低い濃度で推移しています。平成25年度は池上において例年より高い値となりました。

ニッケル化合物(指針値 0.025μg/m3)

ニッケル化合物経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     ステンレス等に含まれる金属です。メッキに使用したり、電池にも使われます。
  • 推移
     以前は臨海部で指針値を超過していましたが、池上測定局及び大師測定局では平成19年度から8年連続で指針値を下回っています。

注)多摩測定局は、近隣の生田浄水場で測定を実施しています。

クロロホルム(指針値 18μg/m3)

クロロホルム経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成原料などに使用されています。
  • 推移
     ここ数年は横ばいで推移していましたが、平成26年度は多摩において例年より高い値となりました。

1,2-ジクロロエタン(指針値 1.6μg/m3)

1,2-ジクロロエタン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成原料、溶剤、土壌くん蒸剤に使用されています。
  • 推移
     指針値(1.6 μg/m3)に比べて低い濃度を横ばいに推移しています。

1,3-ブタジエン(指針値 2.5μg/m3)

1,3-ブタジエン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成樹脂の原料として製造・使用されているほか、自動車からも排出されます。
  • 推移
     池上測定局と大師測定局ではっきりとした減少傾向が見られましたが、ここ数年は指針値(2.5 μg/m3)に比べて低い濃度を横ばいに推移しています。

ヒ素及びその化合物(指針値 0.006μg/m3)

ヒ素及びその化合物経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     半導体原料や木材の防腐剤などに使用されています。
  • 推移
     指針値(0.006 μg/m3)に比べて低い濃度を横ばいに推移しています。

注)多摩測定局は、近隣の生田浄水場で測定を実施しています。

マンガン及びその化合物(指針値:0.14 μg/m3)

マンガン及びその化合物経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合金の原料、鉄鋼製品の添加剤に使用されているほか、電池にも使用されています。
  • 推移
     指針値は平成26年4月に設定されました。臨海部の池上測定局ではたびたび指針値(0.14 μg/m3)を超過しております。

注)多摩測定局は、近隣の生田浄水場で測定を実施しています。

酸化エチレン

酸化エチレン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成原料として使用されるほか、医療器具の滅菌に使用されています。
  • 推移
     平成19年度以降、横ばいに推移しています。
     (環境基準や指針値はありません。)

ベンゾ(a)ピレン

ベンゾ(a)ピレン経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 発生原因
     ものを燃焼したときに、不完全燃焼により非意図的に生成する物質で、黒煙等に含まれています。
  • 推移
     産業道路沿いにある池上測定局では、はっきりとした減少傾向が見らていましたが、ここ数年は多少の変動が見られます。
     (環境基準や指針値はありません。)

注)多摩測定局は、近隣の生田浄水場で測定を実施しています。

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒド経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成原料、繊維処理剤、防腐剤(ホルマリン)に使用されているほか、建物の建材などからも発生します。
  • 推移
     ここ数年は横ばいで推移しています。
     (環境基準や指針値はありません。)

アセトアルデヒド

アセトアルデヒド経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     合成原料や防腐剤にも使われています。
  • 推移
     ここ数年は横ばいで推移しています。
     (環境基準や指針値はありません。)

ベリリウム及びその化合物

ベリリウム及びその化合物経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     軽く硬い金属で、さまざまな用途に使用されています。
  • 推移
     ほとんどの測定値が定量下限以下の数値ですが、計算上の年平均値をほかの物質と同様にグラフにしました。平成9年、10年は、測定開始間もない頃で、定量下限値が相対的に高く、年平均値も高くなっています。
     (環境基準や指針値はありません。)

注)多摩測定局は、近隣の生田浄水場で測定を実施しています。

クロム及びその化合物

クロム及びその化合物経年推移グラフ
測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

測定地点の凡例 測定地点の解説にジャンプします。

  • 主な用途
     ステンレス鋼、顔料、金属の表面処理、メッキなどに使用されています。
  • 推移
     池上測定局、大師測定局で高い傾向が見られます。
     (環境基準や指針値はありません。)

注)多摩測定局は、近隣の生田浄水場で測定を実施しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2516

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp