スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

請願・陳情の提出方法

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年9月10日

1 請願・陳情の書き方

  1. あなたの希望を文書にし、本文は「要旨」と「理由」に分け、日本文で簡潔に書いてください。宛先は川崎市議会議長です。
  2. 文書中(下の書式例では3枚目の様式)に、「提出年月日」、「件名」、「提出者の住所」及び「氏名」を記載して押印してください。
  3. 法人、その他の団体で提出する場合は、代表者の氏名を記載し、代表者の押印をしてください。
  4. 署名簿を添付する場合は、代表者を除いた署名者数を代表者名の後に「ほか○○名」または「ほか○○団体」と記載してください。
  5. 場所の確認が必要なものは、地図又は略図を添付してください。
  6. 書式に決まりはありませんが、以下の請願書、陳情書を参考にしてください。

請願(陳情)書の書式例(A4たて 横書き)

1枚目(表紙)

1枚目(表紙)

2枚目(紹介議員)

2枚目(紹介議員)

3枚目(住所等)

3枚目(住所等)

4枚目(要旨・理由)

4枚目(要旨・理由)

5枚目(地図等)

5枚目(地図等)

署名簿の書式例(A4たて 横書き)

署名簿書式例(A4たて 横書き)

お願い

  • 署名簿をコピーしたものやワープロで氏名、住所を印刷したものは、署名簿として受け付けできません。なお、直筆の場合は、押印のないものでも署名として受け付けしています。

2 紹介議員

 請願には、必ず一人以上の紹介議員が必要です。紹介議員の署名、押印を受けてください。なお、陳情には、紹介議員は必要ありません。

3 提出(受付)

 請願・陳情を提出される場合は、議会局議事調査部議事課(川崎市役所第2庁舎5階)までお持ちください。
 なお、提出は、いつでも出来ますが、定例会では2回締切日を設け、締切日までに提出されたものについては、本会議にて所管の委員会へ付託します。
※1 郵送でも提出は可能ですが、記載事項に不備があると受理することができませんので、確認のため連絡先にお電話させていただくことがあります。また、ファクスやメールによる送付等は、受け付けできません。
※2 請願・陳情の審査日程は、本会議で委員会に請願・陳情の付託を経て、審査日の概ね1週間前に担当職員から提出者へ連絡しています。
※3 提出された請願書、陳情書は公表されます。

個人情報の取扱い

 提出された請願・陳情は公文書として、情報公開の対象となります。個人情報(住所・氏名)の取扱いは、次のとおりです。なお、併せて提出された署名簿は非公開となります。

1.請願・陳情に記載された個人情報は、本会議での請願・陳情の付託の議事や委員会での審査に用いるほか、請願・陳情の内容等の問合せに使用することがあります。

2.請願・陳情提出者の個人情報が記載された文書は、本会議や委員会で議員や報道関係者へ配付されるとともに、かわさき情報プラザ、各区役所の市政資料コーナーで閲覧が可能となります。

3.請願・陳情の市議会ホームページへの掲載については、個人情報に配慮した上で、掲載します。(住所は区名までの記載とし、氏名は削除します。なお、団体名はそのまま掲載します。)

4.請願・陳情の審査に当たり、請願・陳情の本文と、提出者(代表者)の住所は区名まで、氏名は名字まで(団体名はそのまま)、議会局職員が朗読します。なお、審査の前までに受け付けた署名者総数を報告します。

※川崎市議会では、平成28年10月の常任委員会から、インターネット中継を実施しています。

陳情の取扱いについて

  次のいずれかの項目に該当すると議長が判断する時は、正副委員長会議で確認の上、委員会付託をしない取扱いを行うことがありますので、ご注意を願います。

  1. 基本的人権を否定するなど、違法又は明らかに公序良俗に反する行為を求めるもの
  2. 裁判判決の変更を求めるものや、係属中の裁判事件に干渉するものなど、司法権の独立を侵すおそれのあるもの
  3. 著しく個人、団体等を誹謗・中傷し、その者の名誉棄損又は信用失墜のおそれのあるもの
  4. 公益上の必要がなく単に個人の秘密を暴露するもの
  5. 市の事務に関係しない事項を願意とするもの(ただし、意見書提出を願意とするものは除く。)
  6. 採択、不採択等の議決のあった請願又は陳情と同一趣旨のもので、その後、特段の状況の変化がないもの(※)
  7. 市の職員の身分に関し、懲戒、分限等個別の処分を求めるもの
  8. 趣旨、理由等が明確に記載されていないもの
  9. 提出者が県外のもの
  10. 前各号のほか、委員会付託になじまないと議長が認めたもの

(※)注釈「その後、特段の状況の変化がないもの」

  1. 議決時以降当該陳情をめぐる環境、条件が同じであるものは、委員会付託しない。
  2. 年月の経過も一つの状況の変化ととらえることができるものとする。ただし、予算に関するものにあっては議決のあった年度内、制度等に関するものにあっては議決後概ね1年を経過するまでの間に提出のあったものは除く。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 議会局議事調査部議事課 議事係

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3371

ファクス:044-200-3953

メールアドレス:98gizi@city.kawasaki.jp