スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

多文化共生施策

  • 川崎市多文化共生社会推進指針 (2020年5月13日)

     川崎市では、全国に先駆けて2005(平成17)年3月に「川崎市多文化共生社会推進指針」を策定し、国籍や民族、文化の違いを豊かさとして生かし、すべての人が互いに認め合い、人権が尊重され、自立した市民として共に暮らすことができる「多文化共生社会」の実現をめざしてきました。2008(平成20)年3月の改定を経て、2015(平成27)年10月に2度目の改定を行いました。もっと詳しく見る

  • ヘイトスピーチ (2018年8月14日)
  • 川崎市の取り組み (2015年11月18日)

    川崎市では、1970年代から、外国人市民が国籍や民族、文化の違いなどによって社会的な不利益を受けないよう、諸制度の改善を図るとともに、あわせて教育・啓発等の取組を進めてきました。