スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

多摩区役所ミニ水族館

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月30日

コンテンツ番号119318

ミニ水族館  多摩川の魚たち

多摩区役所では、多摩区総合庁舎1階アトリウムで、多摩区の象徴ともいえる「多摩川」に生息する淡水魚などを飼育管理しています。

長方形水槽

長方形水槽には、多摩川に生息するさまざまな魚たちがいます。

オイカワ

オイカワ

若魚は地味で特徴がない普通の魚ですが、大人のオスは春に鮮やかで宝石のような体色になります。

オイカワ

カワムツ

カワムツ

肉厚魚雷型の多摩川の特攻魚。抜群の遊泳力を誇ります。大人のオスは春に赤く染まります。

タモロコ

タモロコ

ずんぐり体型に口ひげが可愛いと評判の魚です。多摩川において生息個体数が多く、市民権を得ています。

フナ

フナ

金魚のご先祖様です。フナと一言で言っても数種存在していますが、まとめてフナと呼ばれています。11月27日はいいフナの日となっています。

モツゴ

モツゴ

クチボソとも呼ばれてます。水中ホバーリングしながら苔をついばんで食べる多摩川きっての平和主義魚です。キラキラ輝く鱗も魅力的。

カワヨシノボリ

カワヨシノボリ

とぼけた顔をしていますが縄張りを持ち、意外と気が強いハゼの仲間です。腹ビレが吸盤になっている為、どこでも貼り付けます。

スジエビ

スジエビ

常に手を動かしておりその動きを見ているだけで癒されます。

円柱水槽

円柱水槽には、メダカとスジエビがいます。
季節ごとに装飾を入れ替えているので、来庁するたびに変化をお楽しみいただけます。

3月

3月

6月

6月

「あじさい」をイメージ。

7月

7月

「七夕、笹竹」をイメージ。
中央に大仏を置き、遊び心を入れてみました。

 

随時、更新していきます。お楽しみに!

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 多摩区役所まちづくり推進部地域振興課

〒214-8570 川崎市多摩区登戸1775番地1

電話:044-935-3239

ファクス:044-935-3391

メールアドレス:71tisin@city.kawasaki.jp