スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

証明交付申請書(市民税・県民税(個人)、法人市民税、軽自動車税の各種証明)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年5月7日

サービス内容

次の市税の証明が必要な場合に提出していただく書類です。

税と証明書の種類
市税の種類証明書の種類
市民税・県民税(個人)納税証明書、課税額証明書、非課税証明書、免除証明書
法人市民税納税証明書
軽自動車税納税証明書、納税証明書(継続検査用)

課税額(非課税)証明書には1年間の所得金額が記載されるため、「所得証明書」と表現される場合もあります。

受付窓口

  1. 各市税事務所市民税課管理係・市税分室管理担当
  2. 各区役所(支所)市税証明発行コーナー(申請時から5年度以上前の証明書等、一部を除きます。)
  • 電子メール又はファクシミリで送信された申請書の受付はできません。
  • 郵送による申請は各市税事務所市民税課管理係・市税分室管理担当で受け付けます。

受付時間

月~金曜日 午前8時30分から午後5時
(祝休日・12月29日~1月3日を除く。)

お問合せ先

かわさき市税事務所 市民税課管理係 電話:044-200-3962
こすぎ市税分室 管理担当 電話:044-744-3222
みぞのくち市税事務所 市民税課管理係 電話:044-820-6559
しんゆり市税事務所 市民税課管理係 電話:044-543-8957

添付書類

1. 窓口に来られた方の本人確認書類

次のAの書類から1種類を窓口で提示してください。Aの書類がない場合、Bの書類を2つ又はBの書類とCの書類を1つずつ窓口で提示してください。Cの書類を2つでは、申請できません。

A 官公署が発行した書類(顔写真付き)
例)運転免許証、パスポート(旅券)、マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、宅地建物取引士証、官公署が発行した職員証、その他これに準じる書類

B 官公署が発行した書類(顔写真なし)
例)健康保険証、国民年金手帳、住民基本台帳カード(顔写真なし)、川崎市税の納税通知書、母子健康手帳、敬老手帳、その他これに準じる書類

C 申請をされる方名義の書類
例)公共料金領収書、川崎市税以外の納税通知書、社員証、キャッシュカード、クレジットカード、その他これに準じる書類

必要に応じて、本人であることを確認するため、窓口でおたずねする場合があります。
(注意)マイナンバーの通知カードでは本人確認は行えません。

2. 法人、代理人の方からの申請に必要な書類

個人の納税者本人、その同居の親族以外の方からの申請には、上記「1.窓口の来られた方の本人確認書類」に加え、次の書類などが必要です。

  • 納税者本人(法人)からの申請
    代表の方は、代表者の資格を証する書面(写)と代表者印(押印がある申請書の持参でも可)
    社員の方は、代表者からの委任状(代表者印の押印がある申請書の持参でも可)と社員証等
  • 代理人の方からの申請
    納税者本人からの委任状(代理人選任届・同意書)
    ただし、同居の親族の場合は不要
    代理人が法人の場合は、納税者本人からの委任状(代理人選任届・同意書)と上記「納税者本人(法人)からの申請」に必要な書類など

郵送による申請の同封書類は、「郵送による市税の証明書などの取得方法について」をご覧ください。

手数料

1件につき300円です。ただし、軽自動車税の継続検査(車検)用の納税証明は無料です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。