スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

納税証明書交付申請書(競争入札参加資格審査申請用)について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年6月1日

コンテンツ番号127161

令和3年4月1日から、競争入札参加資格審査申請を行う場合に必要となる納税証明書の交付申請書が、全国統一様式となりました。

競争入札参加資格審査申請のため、納税証明書を請求される方は、次の申請書をご利用ください。

1.申請書ダウンロード

押印について

法人からの申請の場合、従来通り、代表者印の押印をお願いします。

2.川崎市競争入札参加資格審査申請をされる方へ

(1) 川崎市競争入札参加資格審査申請で必要となる納税証明書について

令和3年4月1日から、川崎市競争入札参加資格審査申請における納税証明書の取り扱いが変更になりました。
「市税納税証明書(川崎市競争入札参加資格審査申請用)」が必要となります。

(2) 「市税納税証明書(川崎市競争入札参加資格審査申請用)」について

証明の概要

納期限が到来しているものについて、証明交付日現在において、滞納がないことを証明します。

確認する税目

確認する税目

法人の場合

・法人市民税
・固定資産税・都市計画税(償却資産を含む)

個人の場合

・市民税・県民税
・固定資産税・都市計画税(償却資産を含む) 

「固定資産税・都市計画税(償却資産を含む)」は、固定資産及び償却資産がある方に限ります。

手数料

1件につき300円です。

(3) 申請書の「証明書の種類」欄について

未納の税額がない証明(都道府県・市区町村)」を選択の上、申請してください。

その他の証明書は、原則として、川崎市競争入札参加資格審査申請では使用できません。

(4) 新型コロナウイルス感染症の影響等により、徴収猶予の「特例制度」の適用を受けている方へ

証明書の交付申請時に、納期限を過ぎても納付がない場合には、発行ができません。

代わりとなる提出書類は、契約課のページをご確認ください。

3.川崎市以外の競争入札参加資格審査の申請をされる方へ

申請書の「証明書の種類」欄について

「納税証明(市区町村)」又は「滞納処分を受けたことがない証明(都道府県・市区町村)」を選択の上、申請してください。

「未納の税額がない証明(都道府県・市区町村)」は、提出先が川崎市の場合に限り発行できます。

4.証明書の取得方法について

証明申請のために必要な書類、本人確認書類や申請窓口など、詳しくは「市税の証明書などの取得方法について」ページをご覧ください。

5 申請窓口

市税事務所・市税分室、各区役所(支所)の市税証明発行コーナー

住所地・資産所在地に関係なく、すべての市税事務所・市税分室、各区役所(支所)の市税証明発行コーナー窓口で申請いただけます。

  • 郵送による申請は、各市税事務所(市民税課管理係)・市税分室(管理担当)で受け付けます。
市税の証明書

申請窓口

受付時間

市税事務所・市税分室
(市民税課管理係・管理担当)

月~金曜日 午前8時30分~午後5時
(土曜日・日曜日・祝休日・12月29日~1月3日を除く)

区役所・支所の市税証明発行コーナー

お問合せ先

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。