スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

こども110番事業での「ドラえもん」の活用

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年12月27日

「こども110番事業」とは

 こども110番事業とは、民家、事業所及び公的施設にご協力いただき、いざというときの子どもたちの緊急避難先として、地域で子どもたちを見守る事業です。
 平成18年度から、「こども110番」の表示ステッカーを一新し、藤子プロのご協力のもと、子どもたちに大人気の「ドラえもん」を起用した新たなデザインになりました。

「こども110番」の表示ステッカー画像

藤子プロのご協力について

 今回の事業での「ドラえもん」の起用につきましては、藤子・F・不二雄氏が一貫して児童まんがを執筆されてきたことや「子どもたちの安全・安心のための施策であることから、藤子プロからご快諾をいただき実現する運びとなりました。
 藤子プロの全面的なご協力により、使用料は無償、さらに、新たなデザイン経費などもご負担いただくなど、特段のご配慮をいただきました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民文化振興室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2444

ファクス:044-200-3248

メールアドレス:25bunka@city.kawasaki.jp