スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

光触媒インターロッキングブロック

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年5月28日

コンテンツ番号14097

 二酸化チタンは,太陽光の下で窒素酸化物を硝酸イオンに酸化する能力があります。その二酸化チタンをブロックの表面に塗布したものが光触媒インターロッキングブロックです。

光触媒インターロッキングブロックの写真

↑光触媒インターロッキングブロック

 このブロックの表面では,太陽光のエネルギーを受けて,窒素酸化物を水に溶けやすい硝酸イオンに酸化し,ブロックに蓄積します。蓄積した硝酸イオンは雨によって洗い流されます。

光触媒反応のイメージ図

 このブロックは,太陽光エネルギーだけで窒素酸化物の除去を行うことができるため,他の動力源は必要ありません。また,歩道に敷設することで,既存の場所を有効に活用できる利点もあります。
川崎市では,道路沿道における窒素酸化物の除去のため,モデル事業として川崎区産業道路池上新町交差点周辺の歩道約1,400平方メートル(680m)に,この光触媒インターロッキングブロックを敷設しました。

インターロッキングブロック敷設の様子の写真

↑光触媒インターロッキングブロック敷設の様子

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局環境対策部大気環境課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2530

ファクス:044-200-3922

メールアドレス:30taiki@city.kawasaki.jp