乾電池、注射針を入れないで! プラスチック製容器包装への異物混入について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年2月15日

プラスチック製容器包装への異物混入はしないでください。

プラスチック製容器包装に異物が混入すると、リサイクルに支障が生じます。

特に、乾電池、ライター、カミソリ、注射針などの異物が混入すると火災や手選別作業を行う作業員の針刺しなど重大な事故につながる恐れがあります。

 プラスチック製容器包装以外のものを混入しないよう、分別に御協力ください。

市の処理施設ではライター、刃物など危険な異物が発見されています。

市の処理施設ではライター、刃物など危険な異物が発見されています。

乾電池、ペットボトル、空き缶、小物金属などの異物も発見されています。

乾電池、ペットボトル、空き缶、小物金属などの異物も発見されています。

目印はプラマーク!

目印はプラマーク

プラマーク(識別表示)は、消費者が容器や包装を分別排出しやすいように、商品に容器包装の素材を表示するものです。

プラスチック製容器包装の出し方については下記のリンクを御確認ください。

プラスチック製容器包装の出し方

レジ袋などに入れたプラスチック製容器包装を、さらに大きな袋に入れて出さないでください。

レジ袋などに入れたプラスチック製容器包装を、さらに大きな袋に入れて出さないでください。

収集を行う際に、分別確認ができません。
また、処理施設の破袋機で外側の袋は破ることができますが、中の小袋は破ることができず、作業効率の悪化を招きます。


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課 普及広報係

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2580

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp