企業主導型保育事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月9日

企業主導型保育事業

 子ども・子育て支援新制度に基づき、平成27年度から市町村認可事業として設けられた事業所内保育事業とは別に、企業主導により多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大や仕事と子育ての両立支援を目的に平成28年度から新たな保育事業として位置付けられた事業です。

 従業員対象の保育施設の定員の一部に地域の住民等が利用する地域枠を設けている施設の場合は、地域の住民等で保育を必要とする児童の受入れも行いますが、国と企業が直接協議して運営する仕組みのため、自治体に最新情報はございません。ご利用をお考えの方は勤務先に確認するか、地域枠を利用したい方は施設に直接お問い合わせいただくこととなります。

 なお、企業主導型保育事業は、小規模保育事業B型や事業所内保育事業(小規模型)と同様の運営基準が適用となる認可外保育施設となります。

 詳細につきましては、公益財団法人児童育成協会のホームページをご確認ください。

 

公益財団法人児童育成協会のホームページ外部サイトへリンクします

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局子育て推進部保育課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3727

ファクス:044-200-3933

メールアドレス:45hoiku@city.kawasaki.jp