スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市斜面地建築物条例について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月14日

斜面地建築物制限後イメージ図

 川崎市では、昭和50年代から多摩川の崖線や丘陵地における斜面地開発が行われるようになり、市域を横断する鉄道の沿線や交通の利便性が高い地域で斜面地を利用した地下室建築物(共同住宅、長屋又は老人ホーム、福祉ホームその他これらに類するものの用途に供する建築物で、当該用途に供する部分を地階に有するもの)の建設が集中しています。また、最近は形態が垂直状のものも出現するなど、既存のまちなみと著しく異なるといった問題も発生しています。
 このような背景と実態を踏まえ、斜面地における地下室建築物と周辺の住環境との調和を図るため、条例により規制を行っています。

条例・施行規則等

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築指導課 建築許可担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3007

ファクス:044-200-0984

メールアドレス:50kesido@city.kawasaki.jp