スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

CASBEE川崎 オープンデータ利用上の注意

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月10日

提供データについて

提供している各建築物のデータは建築主による最新の届出内容を反映したものです。そのため各建築物のデータは変更届出書の提出により変更される場合があります。

また、各建築物の評価は建築主の自己評価による届出の内容を公表するものであり、川崎市が認証したものではありません。

現在、CASBEE川崎の公表ページで公表されていない物件(公表終了の物件は含みません。)や取りやめ届が提出された物件についてのデータは掲載しておりません。

CASBEE川崎の変更点

CASBEE川崎は一般財団法人建築環境・省エネルギー機構が発行するCASBEE-新築(簡易版)またはCASBEE-建築(新築)を基本に、川崎市が地域特性や関連する諸制度における取組をふまえて一部編集し直したものです。そのため、一部の評価項目において評価基準の変更を行っています。主な変更点は以下のとおりです。

主な変更点
評価項目変更内容
Q2 1.1.3 バリアフリー計画川崎市福祉のまちづくり条例第15条の協議に適合したものをバリアフリー新法の「建築物移動等円滑化基準(最低限のレベル)」を満たすものとして評価
Q3 1 生物資源の保全と創出
3 緑の量の確保 1)
緑の量を評価する基準を外構緑化指数から川崎市緑化指針の基準に変更

詳しい内容については計画書作成マニュアルを参照してください。

届出年度と評価ソフト

川崎市建築物環境配慮制度では届出年度により使用した評価ソフトが異なります。届出年度と評価ソフトの関係は以下のとおりです。

届出年度と評価ソフト
届出年度使用した評価ソフト元となった評価ソフト
平成18~19年度CASBEE川崎2006年版CASBEE-新築(簡易版)2004年版
平成 20 年度CASBEE川崎2008年版CASBEE-新築(簡易版)2006年版
平成21~22年度CASBEE川崎2009年版CASBEE-新築(簡易版)2008年版
平成23~25年度CASBEE川崎2011年版CASBEE-新築(簡易版)2010年版
平成 26 年度CASBEE川崎2011年版追補版CASBEE-新築(簡易版)2010年版追補版
平成27~28年度CASBEE川崎2015年版CASBEE-建築(新築)2014年版
平成 29 年度CASBEE川崎2017年版CASBEE-建築(新築)2016年版

このうちCASBEE川崎2011年版追補版は、省エネルギー基準の改訂に伴い、平成25年基準での入力に対応した評価ソフトです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築管理課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3026

ファクス:044-200-3089

メールアドレス:50kekan@city.kawasaki.jp