スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

リノベーションスクールについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月11日

コンテンツ番号83080

リノベーションまちづくり

 リノベーションとは、既存建物の改修などにより、新たな価値を与えることです。
 今、全国各地で、地域が主体となって、遊休不動産などを有効に活用して地域の魅力をアップさせる「リノベーションまちづくり」が進められてます。

 リノベーションスクールは、「リノベーションまちづくり」を具体的に進めるエンジンの役割を担うもので、平成29年2月に第1回を、11月には第2回を開催し、積極的な事業提案がなされました。

第1回リノベーションスクールの様子
第1回リノベーションスクールの様子
第2回リノベーションスクールの様子
第2回リノベーションスクールの様子

リノベーションスクールとは

リノベーションスクールのロゴ

 スクールでは、事業化を目標として、具体的な遊休不動産を対象に、リノベーションの実践者からその手法を直接学びながら、具体的なリノベーションのプランを作り上げていきます。

 3ユニット(1ユニット:ユニットマスター1名、サブユニットマスター1名、受講生8名程度)ごとにそれぞれ具体的な物件を対象として、不動産オーナーやテナント入居候補者、有識者等によるグループワークを3日間行い、最終日には、公開の場で不動産オーナー等に具体的な事業提案を行います。

リノベーションスクール<実証実験コース>

 今回のリノベーションスクール<実証実験コース>は、公共空間(川崎駅前及び周辺エリア)を対象とした民間による利活用の実現に向けた具体的な公共空間の活用プランを作るものです。

 数ユニット(受講生5名程度)に分かれ、3日間で具体的な公共空間の活用方法の検討を行い、川崎駅前の公共空間の恒久的な活用に向けた具体的な事業提案を行っていただきます。

開催期間

スクール:平成30年9月9日(日)、10月21日(日)、11月18日(日)

実証実験実施日:平成30年12月22日(土)

※今年度の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

開催会場

川崎市役所 第4庁舎 2階研修室(川崎区宮本町3番地3)

タイムテーブル

◆9月 9日(日)◆

  9:30 ~受付開始・開校式・ガイダンス・講師からの説明 等

10:00 ~全体ワーク

11:00 ~現地調査 等

13:30 ~講師講演・全体ワーク・グループワーク

16:00 ~中間プレゼン

17:00 ~17:30 次回への連絡事項 等


◆10月21日(日)◆

  9:30 ~講師からの説明

10:00 ~グループワーク・講師講演

16:00 ~中間プレゼン

17:00 ~17:30 次回への連絡事項 等


◆11月18日(日)◆

  9:30 ~講師講演

10:00 ~グループワーク・全体ワーク・講師講演

16:00 ~最終プレゼン

17:00 ~17:30 講評・閉校式 等

 


※運営上の都合で予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

講 師

青木 純 nest Inc.代表取締役

資 料

リノベーションスクール<実証実験コース>配布資料

関連記事

  • rerererenovation外部リンク

    リノベーションスクール受講生の募集や、全国のリノベーションまちづくりの取組等を発信しています。

関連記事

【実証実験実施結果】カワサキよりみちサーカス


川崎駅東口駅前広場は、再編整備をされてから約8年が経過した現在、環境美化や不法占用などの課題がある中、その課題解決に向け、川崎駅周辺の公共空間の有効活用について検討を進めてきました。

当イベントは、平成30年度開催の第3回リノベーションスクール@川崎で集まった受講生により検討されたものであり、川崎駅周辺における公共空間の恒久的な活用について検証を行うとともに、広く市民の皆さまに楽しんでいただくことを目的として、当イベントを開催しました。

イベント概要

  • 名 称:カワサキよりみちサーカス
  • 日時:平成30年12月22日(土)午前10時00分~午後8時00分
  • 会場:川崎駅東口駅前広場一部(川崎ルフロン前及び海島側タクシープール)
  • 総来場者数:約54,000人

主催・協賛等

  • 主催:カワサキサーカスプロジェクト実行委員会
  • 後 援:川崎市
  • 協 賛:以下のとおり

出演者・出店者概要




当日の様子










事業化プロジェクト

東海道BEER川崎宿工場

【平成29年第1回リノベーションスクール案件】

「旧東海道沿いに川崎宿だったころの賑わいを!」というコンセプトから始まったプロジェクトです。旧東海道沿いのビル1階にある車庫をリノベーションしています。
東海道川崎宿に縁のある「麦」に因んだ麦酒=ビールを販売するイートイン可能なクラフトビールの醸造所です。

外観は、勝ち虫のトンボと稲毛神社の御神木である銀杏をモチーフにした組子風のデザインになっており、店内はカウンター越しに、川崎の工場夜景を思わせるライトアップされたビールの醸造タンクが眺められます。近未来風に描かれた浮世絵の東海道五十三次「六郷の渡し」を背に、木材を基調とした和の落ち着いた雰囲気の中でクラフトビールが楽しめる空間になっています。

 

Before



After



このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局拠点整備推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3027

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50kyoten@city.kawasaki.jp