スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

多摩区消防まちかど連絡所

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月6日

コンテンツ番号20719

多摩消防署太助ロゴ

~・~ 区民と情報交換のキャッチボール ~・~

ここでは、消防まちかど連絡所について紹介しています。

概要

経緯

 近年の社会情勢の変化変革等に、人口増加と流動等から消防行政への区民のニーズも多種多様化しています。これまでの消防行政は、多摩防火協会をはじめとする協力団体の活動を通して、地域に密着した行政を行ってきたところであり、各団体の結成目的としての成果も上がっているところです。
 しかしながら、消防側からの一方的な依頼や指導が多かったため、区民の要望・意見を積極的に聴き、区民と協働して消防行政を行う必要があると考えました。
 そこで、市民本位の消防行政を行うため、区民の皆様から要望・意見等をいただき、消防からは効果的な広報を行う場として「多摩区消防まちかど連絡所」を設立しました。

内容

 多摩区内における各種災害へ備え、区民と多摩消防署が連携し、安全で住みよいまちづくりを推進することを目的とし、自主防災活動の拠点となる「多摩区消防まちかど連絡所」(以下「連絡所」という)を各町内会・自治会単位に設置し、連絡所には連絡員を配置しました。

 連絡員は次の活動を行っています。

  1. 消防署に対する住民の要望・意見等のとりまとめと連絡に関すること。
  2. 消防署及び町内会連合会からの資料等の住民への配布・回覧に関すること.。

 この連絡所は、井戸端会議の中で地域の消防に関する情報・意見を収集していただき、消防からの広報内容を草の根的に広めていただくことにより、地域の防火・防災に貢献していくことと考えています。

特徴

  1. 広報広聴制度としては、「市民への手紙」、「インターネットによる広聴」がありますが、「まちかど連絡所」は区民が連絡員に口頭で告げるだけで気軽に意見・要望を消防に伝えることができます。このため消防側から見れば意見が吸い上げ易く、より消防行政に反映させやすくなります。
  2. 消防署では、各連絡所を定期的に巡回して、連絡員とのコミュニケーションを図り、消防と連絡員との間で消防に関する情報のキャッチボールを行うことにより、地域の防火・防災に迅速に対応することができます。

発足

平成14年12月10日

連絡員

 多摩区内88町内会・自治会のうち63町内会・自治会から80人の連絡員が消防と地域住民の橋渡しとして活動してます。

連絡所・設置場所

 連絡所になっているお宅には右の看板が出ています。 看板が見当たらなっかたら、町会長さんに聞いてください。

連絡員
まちかど連絡所看板

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局多摩消防署

電話:044-933-0119