スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

梅毒検査について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月3日

「梅毒」ってどんな性感染症?

 性行為によって感染する病気をまとめて「性感染症」といいます。
 梅毒トレポネーマいう病原体により感染します。
 梅毒など、性感染症にかかっていると、エイズなど他の性感染症にもかかりやすくなりますので、早めに治療を受けましょう。

どんな症状が出るの?

 梅毒は症状に気づかずに経過したり、無症状のこともありますが、感染から3か月までの間は、感染局所に痛みのない小さなしこりができます。
 感染から3か月以上3年までの間は、足の付け根やリンパ節が腫れたり、全身に小豆ほどの大きさの赤い発疹ができることもあります。また、治療せずにいた場合、重大な後遺症を残すこともあります。

検査はどうやって受けるの?

 川崎市ではエイズ検査・相談事業の一環として、梅毒の検査を匿名・無料で実施します。
 梅毒検査はエイズ検査と合わせて行い、両検査の結果は1週間後に本人に面談で直接お渡しします。梅毒検査のみで受けることはできませんので御了承ください。
 また、梅毒検査は感染機会から1か月以上経過していないと正しい結果が得られません。
 なお、梅毒の治療及び特定の医療機関の紹介は行っておりませんので御了承ください。
 日曜検査・相談室以外は予約が必要となります。詳しいことは、各区衛生課までお問い合わせください。

梅毒検査の詳細
窓口検査曜日受付時間電話番号
幸区役所衛生課火(第2、4)午前10時30分~11時00分044(556)6682

高津区役所衛生課

水(第1~4)午前9時00分~9時30分044(861)3321
宮前区役所衛生課火(第1~4)午後1時00分~午後1時45分044(856)3265
日曜検査・相談室
※予約不要
年末年始等閉室あり
詳しくはエイズ検査のページ
午前10時00分~12時00分
午後1時30分~午後3時30分
044(200)1466

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2446

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp