交通環境対策関連情報

エコドライブ

川崎市では、アイドリングストップの実施やゆっくりとした発進(ふんわりアクセルeスタート)などの環境にやさしい自動車の使用を実践する「エコドライブ」を推進しています。この「エコドライブ」を行うことによって燃費の改善が見込まれます。燃費が改善されれば運転者にとっても燃料費が安く済むというメリットがあり、さらには二酸化炭素の排出の低減による地球温暖化対策や、自動車排出ガスの低減による道路沿道の大気汚染対策にも効果があります。もっと詳しく見る

TDM

交通需要マネジメント(TDM;Transportation Demand Management)とは、道路混雑の緩和を目的に、道路の利用者が、時間の変更、経路の変更、手段の変更、自動車の効率的な利用等、交通行動の変更を促すことで交通量を調整する対策の総称です。もっと詳しく見る

局地汚染対策

交通量の多い幹線道路周辺の大気環境を改善するために,さまざまな調査・研究をしています。

交通騒音振動対策

交通(自動車・鉄道・航空機)騒音・振動問題への取組を紹介します。