川崎市公文書館講座案内

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年9月14日

 

平成28年度開催予定の講座案内です。
募集時期のご案内は、各講座開催の約2ヶ月くらい前を予定していますが、詳しくは川崎市ホームページの新着更新情報、イベント・講座・当館ホームページ等でご確認ください。

講座終了後、古文書講座で使用したテキストは公文書館受付にて各500円で販売しています。

歴史講座

歴史講座は川崎の歴史についての理解を深め、広く川崎に関心をもっていただくことを目的とした講座です。

今年度は2回開催いたします。

 

第1回「川崎駅周辺の街の歩みと本庁舎」

川崎市役所本庁舎が今年度より建て替えを行うにあたり、かつて東海道川崎宿として栄えた江戸時代から今に至るまでの街の歴史を、本庁舎の変遷や新本庁舎の計画を含めて紹介します。

本講座は「川崎市役所さよならイベント」のプレ企画です。

◆日時:平成28年10月4日(火)午後2~4時

◆講師:総務企画局本庁舎等建替準備室長 和田忠也氏

◆会場:川崎市役所 第4庁舎2階ホール

◆申込方法:申込不要・当日会場で受付

◆受講料:無料

歴史講座「川崎駅周辺の街の歩みと本庁舎」チラシ

第2回 「池上幸豊の海中新田開発―川崎臨海部開発の先がけ―」

川崎は世界有数の産業都市となった要因として、臨海部の発展が挙げられます。

その臨海部の歴史をさかのぼると、実は江戸時代の海中新田開発へとつながります。

当講座ではその開発の中心となった池上幸豊に焦点をあて、幕府へ働きかけながら周辺村落といかにして事業を進めていったのかなどを、「川崎臨海部の先がけ」としての視点からご紹介します。

◆日時:平成28年10月28日(日)

◆講師:落合 功氏(青山学院大学教授)

◆定員:40名 ※定員を超えた場合は抽選。

◆受講料:無料

◆申込方法

(1)往復はがきで:住所・氏名・電話番号を記入し、公文書館まで。

(2)直接公文書館に:1階受付にお申出ください。(返信用に普通はがきをお持ちください)

(3)メールで:住所・氏名・電話番号を記入し公文書館へ送信。

公文書館アドレス 17koubun@city.kawasaki.jp

◆募集期間:9月21日(水)~10月12日(水)当日消印有効

◎詳細は下記チラシをご覧ください。

 

平成28年度歴史講座「池上幸豊の海中新田開発」

初級古文書講座(※申込の受付は終了しました。)

 当講座は、古文書の基礎的な読み方を学んだことのある方を対象に開催します。

 今回は村の運営に関わる古文書を用い、当時の人々の生活における文書の重要性を意識しながら史料を読み解き、古文書の解読の基礎力向上と地域史の理解を深めます。

初級古文書講座
 開催日

  9月25日・10月2・9・16日(いずれも日曜・全4回)

 講 師   政木 奈穂 (当館非常勤嘱託員)
 テーマ             古文書が語る村の様子

平成28年度 初級古文書講座

入門古文書講座(※講座は終了いたしました。)

 本講座では、初めて古文書を読む方を対象に、当館所蔵の古文書を用いて、古文書の基本的な読み方や知識の習得を目的とした講座です。

 特に今回は「くずし字」の読み方を中心に講義を進めます。 

 古文書はまだ読んだことがないが、これらを使って川崎の歴史を学びたい方におすすめです。

入門古文書講座
 開催日 8月7・14・21日(全3回・日曜日)
 講師 菊地 悠介 (当館非常勤嘱託員)

中級古文書講座

 詳細が決まり次第、お知らせいたします。

歴史講演会

 詳細が決まり次第、お知らせいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局情報管理部公文書館

〒211-0051 川崎市中原区宮内4丁目1番1号

電話:044-733-3933

ファクス:044-733-2400

メールアドレス:17koubun@city.kawasaki.jp