現在位置:

平和都市宣言

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年10月11日

核兵器廃絶平和都市宣言

 真の恒久平和と安全を実現することは、人類共通の念願である。
 しかるに、核軍備の拡張は依然として行われ、人類の生存に深刻な脅威を与えている。
 わが国は、世界唯一の被爆国として、被爆の恐ろしさ、被爆者の苦しみを声を大にして全世界の人々に訴え、再びこの地球上に広島、長崎の、あの惨禍を繰り返させてはならない。
 このことは、人類が遵守しなければならない普遍的な理念であり、我々が子孫に残す唯一の遺産である。
 川崎市は、我が国の非核三原則が完全に実施されることを願い、すべての核保有国に対し、核兵器の廃絶と軍縮を求め、国際社会の連帯と民主主義の原点に立って、核兵器廃絶の世論を喚起するため、ここに核兵器廃絶平和都市となることを宣言する。

昭和57年6月8日

川崎市

DECLARATION FOR PEACE AND THE ABOLITION OF NUCLEAR WEAPONS

by the City of Kawasaki, Japan
8 June, 1982

It is the common desire of mankind to bring about a genuine and permanent state of peace and security in the world. However, nuclear arms expansion is continuing and poses a serious threat to the very existence of the human race.
Japan, as the only country to have suffered a nuclear attack, must communicate loudly to the people of the world the horror of the atomic bomb and the agony of its victims, and must never allow the disasters of Hiroshima and Nagasaki to be inflicted again on the earth. This is a universal ideology that mankind must observe and is the only bequest we can leave future generations.
To ensure adherence to Japan's Three Non-nuclear Principles, to achieve disarmament involving the abolition of nuclear weapons by the Nuclear Powers, and to arouse public opinion to strive for the eradication of nuclear weapons on the basis of international solidarity and democratic principles, the City of Kawasaki hereby declares itself a city devoted to peace and the abolition of nuclear weapons.

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室平和館

〒211-0021 川崎市中原区木月住吉町33-1

電話:044-433-0171

ファクス:044-433-0232

メールアドレス:25heiwa@city.kawasaki.jp