スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市生ごみリサイクルリーダー

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月10日

現在、活躍している生ごみリサイクルリーダーです。(平成30年4月1日現在)

阿部 貴紅子

阿部 貴紅子

生ごみをごみとして捨てるなんて「もったいない!」。ダンボールコンポストや密閉バケツ、木枠コンポスト、コンポスト化容器などそれぞれのご家庭にあったやり方をお伝えします。そしてできた堆肥を活用して野菜や花を栽培しましょう!

天野 悦子

天野 悦子

生ごみを有効な資源と捉えることが、循環型ライフスタイルへの第1歩と考え、2008年(平成20)から「ダンボールコンポスト」の普及活動をしています。
「チャレンジ生ごみダイエット」に掲載の「埋め込み式」「木枠(キエーロ)」「コンポスト化容器」「木箱」も経験し、できた堆肥は庭のプランターや公共花壇、菜園等に活用しています。

奥山 玲子

奥山 玲子

密閉容器で1次処理した生ごみを農地で堆肥化し、できた堆肥を農家に使ってもらいできた野菜を購入しています。

門平 きょう子

門平 きょう子

ダンボールコンポストによる生ごみの堆肥化に取り組んできました。ダンボールの基材に生ごみを入れて温度が上がり、分解してしまう微生物の世界にひかれ、捨てればごみ、生かせば資源、できた堆肥でプランターで野菜や草花をを育てています。目標は限りなくごみゼロです。

住田 三枝子

住田 三枝子

電動生ごみ処理機、ベランダでできるコンポスト、ダンボールコンポスト等の方法を用いて生ごみ堆肥化を行っています。

東門 千明

東門 千明

2008年(平成20年)に福岡で生ごみリサイクルの講座を受講してから自宅でダンボールコンポストによる生ごみリサイクルに取り組んできました。その後、畑を借りて野菜づくり等をしたり小学校の行事等にアドバイザーとして参加してきました。

中村 祥子

中村 祥子

電動生ごみ処理機でできた乾燥物を自宅の生垣や、四季の花や野菜づくりの肥料として利用しています。電動生ごみ処理機で乾燥させた生ごみは保存がきき利用しやすく初心者向けです。

松下 長子

松下 長子

ダンボールを用いて生ごみを堆肥化するほか、落ち葉を回収して腐葉土づくりも行っています。「野菜だいすきファーム」の代表としてグループの活動にも生ごみのリサイクルを積極的に取り入れながら地元の農地で野菜づくりに励んでいます。

松島 洋

松島 洋

地元町内会で廃棄物減量指導員としてごみの減量の普及に努めるとともにダンボールと用いた手法で生ごみのリサイクルを実践して町内会の管理している花壇に生ごみ堆肥を用いるなど地域での環境美化と合わせて取り組んでいます。

村山 美香子

村山 美香子

2008年(平成20年)より「環境を考え行動する会」のメンバーとして、ダンボールコンポストによる生ごみ堆肥化の活動をしています。地域でも、定期的に講習会を開催し、受講者の中でメンバーを募り、公共の花壇作りをしています。
生ごみの減量と地域の美化とコミュニティーづくりと一石三鳥の取組みとなっています。

由良 直子

由良 直子

ダンボールコンポストで生ごみたい肥化に取り組んでいます。平成27年度からは市民モニターとして木枠(キエーロ)でも取り組んでいます。できたたい肥は、地面がない我が家では、プランターや鉢植えの野菜・花・植木に使っています。幅広く環境活動に環境を寄せながら地域のイベント等でも活動しています。

吉田 賢治

吉田 賢治

密閉バケツによる生ごみのリサイクルに10年以上にわたり取り組んでおり、川崎市生涯学習プラザや宮前区内を中心に生ごみリサイクル講習会を開催し、生ごみのリサイクルに取り組んでいます。

和田 三恵子

和田 三恵子

密閉バケツによる生ごみ堆肥化づくりに2年取り組んだ後、2011(平成23年)よりダンボールコンポストの取組を実践しています。

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp