スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

バイオ式電動生ごみ処理機

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年3月20日

バイオ式電動生ごみ処理機

バイオ式電動生ごみ処理機

特徴

長方形の箱型。生ごみを入れると、処理機の中に入っている堆肥化資材と自動的に混ざり、これに含まれる微生物が生ごみを分解し、減量化する。堆肥化資材を半年~1年に一度程度交換する必要がある。

価格

4~7万円程度

減容率

約10分の1

処理にかかる時間

24時間
(投入する生ごみの量などによって違います。)

1回にかかる電気代

10~20円

堆肥になるまでの熟成期間

2週間~1ヶ月程度

長所

  • 電気代が安い。
  • 処理物を熟成するのにあまり時間がかからない。

短所

  • 堆肥化資材に費用がかかる。

価格や電気代などはあくまで目安です。ご家庭にあったタイプをお選びください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp