スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ダンボールコンポスト

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年1月20日

コンテンツ番号124563

密閉容器

密閉容器

特徴

ダンボール箱を利用した生ごみ処理容器で、ダンボール箱に基材を入れ、好気性(酸素を必要とする)微生物の力によって生ごみを分解し、堆肥を作るもの。

価格

1千円~3千円程度(1基あたり)

基材は1千円程度

堆肥にかかる期間

3か月~6か月程度(生ごみ総重量約50kgが投入目安)

※投入していた生ごみが分解しなくなったら熟成に入ります。

熟成にかかる期間

1ヶ月程度

週に1回、水だけを加えてかき混ぜ、最後に入れた生ごみが分解するまで、約1か月繰り返す。

長所

  • 購入費用が安い。
  • コンパクトであり、集合住宅のベランダでも取り組むことができる。
  • 通気性がよく、生ごみの水分を逃したり、発行に必要な空気を通すのに適している。

短所

  • 虫が発生する場合がある。
  • ダンボール箱のため耐久性が低い。

価格などはあくまで目安です。ご家庭にあったタイプをお選びください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp