エイズ検査(HIV無料匿名検査)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年3月30日

HIV検査日・場所(定例の検査)

すべての会場で検査は無料・匿名で受けることができます。「即日」と表記のある川崎・中原・多摩・麻生の保健福祉センターのみ、陰性の場合は当日結果をお返しできる即日検査を実施しています。即日検査の区では梅毒の検査はできません。

梅毒の検査についてはこちらを御覧ください。

肝炎ウイルス検査についてはこちらを御覧ください。

検査日・場所
場所住所検査日受付時間梅毒検査結果返し問合せ先予約
川崎市検査相談室

川崎区砂子

1-7-5タカシゲビル4階

日曜日午前10時から12時、
午後1時30分から3時30分
できる1週間後044-200-1466不要
川崎区役所保健福祉センター衛生課川崎区東田町8第1・3火曜日午前8時45分から9時45分できない即日044-201-3204必要
幸区役所保健福祉センター衛生課

幸区戸手本町

1-11-1

第2・4火曜日午前10時30分から11時できる1週間後044-556-6682必要
中原区役所保健福祉センター衛生課

中原区小杉町

3-245

第2・4月曜日午前9時30分から10時できない即日044-744-3280必要
高津区役所保健福祉センター衛生課

高津区下作延

2-8-1

第1・2・3・4水曜日午前9時から9時30分できる1週間後044-861-3321必要
宮前区役所保健福祉センター衛生課

宮前区宮前平

2-20-5

第1・2・3・4火曜日午後1時から1時45分できる1週間後044-856-3265必要
多摩区役所保健福祉センター衛生課

多摩区登戸

1775-1

第1・3・5月曜日午前9時から10時45分できない即日044-935-3310必要
麻生区役所保健福祉センター衛生課

麻生区万福寺

1-5-1

第1・3月曜日午後1時30分から2時20分できない即日044-965-5163必要
HIV検査を実施する曜日

日曜日の検査相談室以外は、予約が必要です。必ず事前に御連絡のうえ、御予約ください。日曜の検査相談室は第5週も実施しています。

川崎市検査・相談室での日曜検査(1週間後結果返し)

受付時間:10:00~12:00、13:30~15:30

受付時間は午前10時から12時までと、午後1時30分から3時30分までです。

予約:不要

場所

川崎市検査・相談室
 川崎市川崎区砂子1-7-5 タカシゲビル4階(下図参照)
 ※京浜急行京急川崎駅から徒歩約3分、JR川崎駅から徒歩約5分

日曜検査・相談室周辺マップ

日曜検査・相談室周辺マップ

日曜検査の検査項目

  • HIV抗原・抗体同時スクリーニング検査(通常検査)
  • 梅毒スクリーニング検査
  • B型肝炎ウイルス検査(HBs抗原検査)

梅毒とB型肝炎はHIVと同時に実施します。梅毒のみ、またはB型肝炎のみの検査はできません。

費用

無料

匿名で検査を受けることができます。

日曜検査のお休みの日

次の日程について、日曜日の検査・相談室はお休みします。

  • 平成30年4月1日
  • 平成30年4月29日
  • 平成30年8月12日
  • 平成30年12月23日
  • 平成30年12月30日
  • 平成31年3月31日

  

その他注意点

検査のために、9ml程度採血します。
検査報告書は、1週間後に本人に直接お渡しします。
検査結果返却日にお越しいただけず2ヶ月経過した場合は結果をお返しすることはできません。再度、検査結果返却日の予約を入れていただく必要がございます。
検査結果返却日再予約連絡先 川崎市健康福祉局保健所感染症対策課       044-200-2439

電話

日曜検査・相談専用
044-200-1466(ファクス兼用)

保健福祉センターでの平日検査(即日検査と通常検査)

  • 保健福祉センターでは、エイズ検査を無料、匿名で実施しています。
  • 予約制ですので、あらかじめ保健福祉センターに電話で申込みをして、日時を確認してください。
  • 検査報告書は、1週間後に本人に直接お渡しします。ただし、川崎・中原・多摩・麻生の保健福祉センターのみ、陰性の場合は当日結果をお返しできる即日検査を実施しています。
  • 通常検査の区では梅毒の検査をHIVと同時に受けることができます。梅毒のみの検査はできません。
  • 即日検査の区では梅毒の検査はできません。
  • お休みの日程など、詳しいことは、下記、保健福祉センタ-までお問い合わせください。

都合のよい日程・場所が見つからなかったら

以下のサイトで全国の検査情報が検索できます。

関連記事

  • HIV検査相談マップ外部サイトへリンクします

    HIV検査相談マップ全国HIV/エイズ・性感染症検査相談窓口。外国語(がいこくご)のページもあります。There is also a homepage of foreign language.

  • HIVマップ(あんしんHIV検査サーチ)外部サイトへリンクします

    全国のHIV検査情報が検索できます。HIVに関する役に立つ情報も整理されてわかりやすく掲載されています。

即日検査、通常検査とは?(検査方法のちがい)

(1)HIV抗体検査(即日検査)

 HIVに感染すると血液中にHIVの抗体が作られます。HIV抗体検査とは、その抗体があるかどうかを調べ、HIVに感染したかを判定する検査です。

検査はいつ受ければいい?

 感染の可能性がある機会から3か月(90日)間以上経過してから受けましょう。

(2)HIV抗原・抗体同時スクリーニング検査(通常検査)

 抗体と一緒に抗原も調べられる検査です。抗原検査はHIVウィルスの抗原を検出する検査方法のため、抗体が作られるより早い段階で感染を確認する事ができます。
 しかし抗原検査だけでは、抗体が作られHIVウィルスが減少した際に反応しなくなる可能性があるので、抗体検査を一緒に行います。

検査はいつ受ければいい?

 感染の可能性がある機会から3か月(90日)間以上経過してから受けましょう。
 ただし、感染が非常に心配な場合は30日から検査を受けられますのでご相談ください。
 その場合、検査結果が陰性(感染していない)でも感染の可能性がある機会から3か月(90日)間以上経過した後に再度検査を受けて確認することが必要です。

採血について

 検査のためには静脈内に針を刺す行為を実施します。基本的には安全に実施できますが、ごく稀に採血に伴う合併症(止血困難、内出血、神経損傷、血管迷走神経反応)が起こる可能性がありますので、検査を受検される方はPDFファイル「採血について」を一読し、御理解のうえ、受検してください。
 なお、採血に伴う合併症が起こったときには状況に応じて医療機関の受診が必要となる場合もあります。その際の費用等は御自身の負担となりますので、御了解ください。
 採血に伴う合併症等の詳細については、下記のPDFファイルを参照してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2439

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp