スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

風しんの届出数の増加について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月6日

平成30年7月以降、関東地方を中心に風しんの患者数が増加しています!

平成30年7月以降、関東地方を中心に「風しん」の届出数が増加しています。

特に、30代から50代の男性で多く報告されています。

・「風しん」の症状や予防対策に関する情報

・川崎市で実施している「平成30年度風しん対策事業」(対象者に無料の抗体検査とワクチン費用を助成)

・ワクチンで防ぐことができる感染症の動画による解説

について、リンクを紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

関連記事

  • 風しんについて

    風しんや先天性風しん症候群についての説明や、平成30年度川崎市風しん対策事業(風しん対応緊急事業も含む)について紹介しています。

  • VPD(ワクチンで防げる感染症)って知ってる?

    麻しん(はしか)や風しんなど、ワクチンで防ぐことができる感染症についてそ説明や動画の紹介をしています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp