スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

特定動物(危険動物)の飼養・保管に係る規制が強化されます

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年2月27日

コンテンツ番号115198

特定動物とは

 ライオン、クマ、ワニ、サル、ヘビ等で、人の生命、身体及び財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物を飼養又は保管しようとする場合には、許可を受けなければなりません。

特定動物のリスト(環境省) http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/danger.html外部リンク

動物の愛護及び管理に関する法律の改正

 動物の愛護及び管理に関する法律が改正されたことに伴い、令和2年6月1日以降、以下のとおり、特定動物の飼養・保管に係る規制が強化されます。

(1)特定動物の範囲に、交雑することにより生じた動物(=交雑種)※が含まれます。
 現在、特定動物の交雑種を飼養・保管をしている方は、許可を受けなければ飼養することができません。

※親のどちらかが特定動物である場合は、その子はすべて許可の対象です。親が両方とも交雑種である場合は、その子は対象ではありません。

申請受付期間】 

令和2年3月2日~令和2年5月31日

申請受付場所】 -許可申請される場合は、事前にお電話でご相談ください。

川崎市動物愛護センター ANIMAMALL(アニマモール)かわさき 

住所:〒211-0013 川崎市中原区上平間1700番地8

電話:044-589-7137

開館日時:日曜日~木曜日 午前8時30分~午後5時15分

休館日:金曜日・土曜日・祝日(日曜日が祝日の場合は開館します。)

 

(2)愛がん目的で、特定動物(交雑種を含む)を飼養又は保管することが禁止されます。
 令和2年6月1日以降は愛がん目的で、飼養・保管の許可を受けることはできません。
 愛がん目的のほか、「動物園その他これに類する施設における展示その他の環境省令で定める目的」以外の目的で飼養又は保管することが禁止されます。

手数料

>>有料

33,320円

申請に必要な書類

・特定動物飼養・保管許可申請書(様式第14)

・飼養又は保管の目的に関する説明資料

・特定飼養施設の構造及び規模を示す図面

・特定飼養施設の写真

・特定飼養施設の配置図

・特定飼養施設付近の見取図

・申請者(申請者が法人の場合は、その法人及びその法人の役員)が法第27条第1項第3号イ~ハに該当しないことを示す書類(参考様式第4)

・脱出等緊急時における措置の具体的な方法を記載した書類

・識別措置に係る証明書等

・特定動物の飼養又は保管に係る管理の体制を記載した書類

・特定飼養施設の保守点検に係る計画

・ 毒を有する動物を飼養・保管する場合は、血清の名称、製造者及びその血清の接種を受けることができる場所を記載した書類

◎申請書は正本にその写し1通が必要です。

◎申請者が法人の場合は、登記事項証明書による法人確認が必要です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

健康福祉局保健所動物愛護センター ANIMAMALLかわさき
住所:〒211-0013 川崎市中原区上平間1700番地8
電話:044-589-7137
ファクス:044-589-7138
メールアドレス:40dobutu@city.kawasaki.jp