現在位置:

川崎市ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年7月19日

制度内容

  • 母子家庭の母又は父子家庭の父及びその子どもが、高等学校を卒業した者と同等以上の学力を有すると認められる高等学校卒業程度認定試験の合格を目指すにあたり、対策講座の受講修了後に「受講修了時給付金」を支給します。支給額は支払った受講料等の2割相当額(上限10万円、下限4千円)です。
  • 「合格時給付金」は、受講修了時給付金を受けた方が、受講修了日から起算して2年以内に高卒認定試験の全科目に合格した場合に支給します。 支給額は、支払った受講料等の4割相当額(受講修了時給付金との合計が15万円を超える場合は、合わせて15万円が上限)です。

対象者

市内に居住する母子家庭の母又は父子家庭の父及びその子どもで、次の1.から4.を満たす方

  1. 所得が児童扶養手当支給水準の方
  2. 大学入学資格を取得していない方
  3. 適職に就くために必要と認められる方
  4. 原則として、過去に受給していない方

手続き

必ず講座申込みの2週間前までに、母子・父子福祉センターサン・ライヴにてプログラム策定員と面接し、自立支援計画書の策定を行った上で、講座指定の申請手続きを行ってください。
(実際に支給を受けるためには、講座修了後に支給申請の手続きも必要になります。)

必要書類

  • 世帯全員の戸籍謄本、住民票(全部記載)
  • 児童扶養手当証書の写し又は所得証明書 
  • 受講講座のパンフレット

等の書類が必要になります。

 

支給申請書類

受講修了時給付金は、講座修了日の翌日から30日以内に、改めて、こども家庭課に支給申請手続きが必要です。修了証明書等の書類によって支給要件を確認後、ご指定の口座に振り込みます。

合格時給付金は文部科学省から送付された高卒認定試験の合格証書に記載されている日付から起算して40日以内に、改めて、こども家庭課に支給申請手続きが必要です。支給要件を確認後、ご指定の口座に振り込みます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局こども支援部こども家庭課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2672

ファクス:044-200-3638

メールアドレス:45kodoka@city.kawasaki.jp