臨海部で学ぶ、親子エコツアー 2016年

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月12日

川崎市内にはエコについて学べる施設が多く立地しており、特に臨海部に集中しています。区内在住・在学の小学生の環境学習の一環として、こうした施設をバスで巡るツアーを開催しました。

概要

日時

平成28年12月27日(火曜日)午前9時~午後5時

参加者

区内在住、在学の小学4年から6年生とその保護者33名。

見学コース

コアレックス三栄株式会社

回収紙からトイレットペーパーを作るリサイクル工場を見学しました。

巨大なトイレットペーパーロール

エコ暮らし未来館

地球温暖化、再生可能エネルギー、資源循環について学びました。雨のため残念ながら室内からですが、浮島太陽光発電所のメガソーラーも見学しました。



家庭での電力の無駄づかいを探しています
ソーラーパネルや風力発電の羽の模型があります
メガソーラーパネル

港湾局巡視船「あおぞら」乗船

川崎臨海部の工場地帯を海上から見学しました。

巡視船「あおぞら」の外観
船内の様子

参加者の感想

  • 毎日の家庭ゴミからトイレットペーパーが作られていることを知って、今より一層分別に取り組みたいと思った。
  • 何気なく使っていたトイレットペーパーがあんな風に作られているなんて驚いた。
  • 風力発電のすごさや地球温暖化の恐ろしさを知ることができた。
  • 3Rの大切さを理解して、これからも行っていこうと思った。
  • 船に乗って普段は道路側からしか知りえないことを知ることができた。
  • 川崎港のことが良くわかった。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 中原区役所まちづくり推進部企画課

〒211-8570 川崎市中原区小杉町3丁目245番地

電話:044-744-3163

ファクス:044-744-3340

メールアドレス:65kikaku@city.kawasaki.jp