スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

携帯トイレ備蓄のお願い

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年7月5日

コンテンツ番号122885

携帯トイレを備えましょう

食糧や飲料水に加えて携帯トイレも備蓄しましょう

意外と盲点なのが災害時のトイレ問題です。携帯トイレもご家庭の備蓄品に加えましょう。

携帯トイレとは

携帯トイレとは、既存の洋式便器につけて使用する便袋です。
吸水シートや凝固剤で水分を安定化させます。

携帯トイレのイメージ図

携帯トイレはなぜ必要?

災害時はトイレに行く回数を減らすため水分摂取や食事を控えたり、排泄自体を我慢したりすることがあります。トイレが満足に使えないと体調を崩してしまうおそれもありますので、心身の健康のためにも携帯トイレの準備は非常に大切です。

備蓄数

1人あたり1日5回×7日間分の備蓄をお願いいたします。
(最低3日間分、できれば7日間分)

ごみ対策

使用済みの携帯トイレは、普通ごみとして出してください。

収集する際に飛散する恐れがありますので、汚物は必ず凝固剤などで固めてから出すようにしてください。

関連記事

ご注意してください!

震災等により、宅地内の排水設備が破損すると、公共下水道への排出ができなくなり、建物内の低い場所から汚水があふれるおそれがあります。ご自宅の排水設備が汚水ますより公共下水道に排出できることを確認してから使用してください。

関連記事

日ごろから考える災害時のトイレ問題

平時から考える災害時のトイレ問題

クリックするとPDFが開きます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局下水道部下水道管理課

電話:044-200-2877

ファクス:044-200-3980