現在位置:

外国人市民意識実態調査の結果を報告します 

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年4月30日

外国人市民意識調査

 川崎市では、国籍や民族、文化の違いを豊かさとして生かし、すべての人が互いに認め合い、人権が尊重され、自立した市民として共に暮らすことのできる「多文化共生社会」の実現をめざして、さまざまな施策に取り組んできました。

 この20年で外国人市民の人口は約1.5倍となり、国籍別の人口比率の変化や、来日・滞日する理由が多様化するなど、外国人市民を取り巻く環境は大きく変化しています。

 こうした中、川崎市に在住する外国人市民の意識や実態、ニーズなどを把握し、市の施策に生かすため、およそ20年ぶりに外国人市民意識実態調査を実施し、調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

調査の概要

(1)調査対象 川崎市在住の外国人市民満18歳以上の男女個人

(2)標本数 5,000標本

(3)抽出・調査方法 住民基本台帳から無作為抽出。郵送配布、郵送回収

(4)調査期間 平成26年6月26日(木)~7月22日(火)

(5)有効回収数 921件(有効回収率 18.4%)

(6)調査言語 9言語(日本語(ルビ付)、英語、中国語、韓国・朝鮮語、

             ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、タイ語、ベトナム語)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2359

ファクス:044-200-3914

メールアドレス:25zinken@city.kawasaki.jp