スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

密閉容器

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年3月20日

密閉容器

密閉容器

特徴

ふたつきのバケツのような形、下部にコックが付いていて、水分を抜くことができる。米ぬかやEMボカシをふりかけ、生ごみを発酵させる。できた処理物を土に混ぜてもよいし、生ごみコンポスト化容器に投入すると、2次発酵が進みやすい。

価格

2千円~3千円程度

処理にかかる時間

1週間~2週間

堆肥になるまでの熟成期間

1ヶ月程度

長所

  • 購入費用が安い。
  • コンパクト。
  • 下部からでる水分は液肥として、台所やトイレの洗浄に利用できる。

短所

  • ふたを開けたとき、ぬか漬けのような臭いがする。
  • 米ぬかやEMぼかしなどの発酵促進剤に費用がかかる。

価格などはあくまで目安です。ご家庭にあったタイプをお選びください。

密閉容器で処理したあと

密閉容器で処理したあと、土に戻してプランターや家庭菜園に使ってみよう!

1 土を30cmの深さに掘って密閉容器で処理した生ごみを投入する。
2 土とよく混ぜる。
3 土をしっかりかぶせる。
4 月くらい経ってから花の苗や種を植える。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2605

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp