スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

知っていますか? 成年後見制度

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年10月3日

「成年後見制度」とは?

認知症、知的障害、精神障害などの理由により、判断能力が不十分な方々は、財産・金銭の管理や、さまざまな法的手続きを行う必要があっても、自分でこれらのことを行うのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であっても、よく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法等の被害にあう恐れもあります。このような判断能力が不十分な方々の財産や権利を保護し、生活を支援することを目的とした制度が成年後見制度です。

成年後見制度には、法律の定めに従って家庭裁判所が後見人等を選任する「法定後見制度」と、判断能力があるうちに自分自身であらかじめ契約をしておく「任意後見制度」の二つがあります。

「法定後見制度」の申立てについて

法定後見制度の申立ては、本人・配偶者・四親等内の親族等法律で定められた申立権者の方が、本人のお住まいの地区を管轄する家庭裁判所に対して行いますが、川崎市にお住まいの方の場合は、横浜家庭裁判所川崎支部が管轄の家庭裁判所となります。

横浜家庭裁判所用の申立書類一式は、裁判所のウェブサイト外部サイトへリンクしますからダウンロードすることが可能です。

関連記事

  • 日常生活自立支援事業

    認知症、知的障害、精神障害、身体障害等により福祉サービスの契約や金銭管理などに不安がある方を対象に、福祉サービス利用の支援や日常的な金銭管理、書類等預かりのサービスを提供する日常生活自立支援事業に関するページです。

  • 認知症に関する情報

    認知症の人が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるように、認知症の基礎知識、相談窓口、研修・講座など、認知症に関するさまざまな情報を発信しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

【高齢者】健康福祉局地域包括ケア推進室認知症・権利擁護担当
電話:044-200-2470
ファクス:044-200-3926
メールアドレス:40keasui@city.kawasaki.jp
【障害者】健康福祉局障害保健福祉部障害計画課地域支援・療育係
電話:044-200-3796
ファクス:044-200-3932
メールアドレス:40syokei@city.kawasaki.jp