スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

自殺の実態

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年6月1日

日本の自殺者数は、平成10年以降激増し、以後毎年、年間3万人を超える人々が自殺で亡くなっています。

平成24年には激増以来初めて3万人を下回りましたが、依然として多くの方が亡くなられています。

川崎市においても同様に深刻な状況が続いています。

自殺者数及び自殺死亡率の推移

 川崎市においても、平成10年に自殺者数が前年の1.5倍に激増し

 平成10年~平成24年の15年間で、4000人近くの人が自殺で亡くなっています。

自殺者数の推移(川崎市)グラフ

男女別、年代別の状況

 男女別にみると、男性が多く7割程度を占めています。

 年代別では40~60歳代が多い状況となっています。

男女別割合(平成20年~平成24年)(川崎市)グラフ
年代別自殺者数

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部精神保健福祉センター

〒210-0005 川崎市川崎区東田町8番地 パレール三井ビル12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-3195

ファクス:044-200-3974

メールアドレス:40seihoc@city.kawasaki.jp