スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

住宅改修費の請求(自宅のバリアフリー改修をする場合)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月10日

コンテンツ番号16876

負担割合の変更について

 平成27年8月施行の制度改正のうち、一定以上の所得のある方の利用者負担割合の見直しについて、住宅改修も負担割合の判定の対象となります。

 川崎市においては「領収書記載日」を基準日として住宅改修の負担割合の判定を行ってまいりますが、混乱が生じないよう、事業所におかれましては住宅改修完成日と領収書記載日が、負担割合変更前と変更後で月をまたいだ日付となることのないよう御配慮ください。

 また、不適切な給付を避けるため、以下のような場合には、必ずしも領収書記載日で適用しない場合があります。

  1. 事前申請日より前の領収書記載日であるもの。
  2. 認定有効期間外の領収書記載日であるもの。
  3. 改修先住所に転居する前、または改修先住所から転居後の領収書記載日であるもの。
  4. 完成日から3ヶ月以上前または3ヶ月以上後の領収書記載日であるもの。

 その他、やむを得ず月をまたがり、負担割合が両月で異なる場合には、個別に介護保険課で負担割合の判定を行いますので、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

 詳細は以下の通知をご覧ください。

住宅改修施工業者を選ぶにあたって

受領委任払い取扱い事業者一覧表

  • 住宅改修受領委任払い取扱い事業者一覧表(PDF形式, 197.96KB)

    受領委任払いを利用するためには一覧表の事業者を利用する必要があります。(令和元年10月時点) ※受領委任払い制度とは、利用者様の負担を初めから負担割合証に記載の負担割合分で済むようにすることで、利用者様の一時的な負担を軽減するための制度です。(残りの金額については、利用者様の委任に基づき、川崎市から事業者に直接支払います。)

介護保険給付実績確認願書

介護保険給付金受給権利継承届

問合せ及び提出先

 問合せ・提出先は各区役所高齢・障害課、各地区健康福祉ステーション介護給付担当となります。

介護保険住宅改修支援事業補助金について

 介護支援専門員・理学療法士・作業療法士・福祉住環境コーディネーター検定試験2級以上の資格を持っている方が、居宅介護支援又は介護予防支援を受けていない被保険者の「住宅改修に必要な理由書」を作成した場合は、事業者からの申請に基づき、作成した理由書1件につき2,000円が支給されます。詳しくは、下記のページを御覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部介護保険課 給付係

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2687

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kaigo@city.kawasaki.jp