ボードゲームを活用した景観まちづくりの取り組み

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年10月3日

全国初!! 「景観まちづくり×オリジナルボードゲーム」

 川崎市では、このたび市民の皆さんと一緒に「景観」をテーマにしたオリジナルボードゲームを制作するプロジェクトをスタートします。
 大人から子どもまで楽しくあそぶことができ、あそびを通して今よりも川崎のまちを好きになる、そんなゲームの制作を目指します。




 

オリジナルボードゲーム制作検討メンバー募集!!

 このたび、「川崎景観ボードゲーム制作プロジェクト」の検討メンバーを募集します。ワークショップ等を通じ、市民の皆さんの声が反映された景観オリジナルボードゲームを目指します。

スケジュール・検討内容


募集対象

18歳以上でボードゲーム、景観、まちづくり、教育等に関心がある方

定員

10名程度(応募多数の場合は抽選)

報酬

無報酬(交通費も自己負担)

申込方法

こちらの申込みフォームから、お申し込みください。(申込みフォーム以外のお申し込みの場合は、下記お問い合わせ先まで、御連絡ください。)

申込みフォーム外部サイトへリンクします

応募期間

10月2日(月)~10月13日(金)

メンバーの決定

10月17日(予定)

ボードゲームのポテンシャル、ご存知ですか??

 日本でボードゲームといえば、「スゴロク」等の運に左右されるもののような、オモチャのイメージが強いと思います。

 ところが、ドイツ等では、オモチャとしての評価はもちろん、教育的なポテンシャルも評価されており、戦略性の高いゲームや全員で協力して進行するゲームなど、多様なゲームが年間数百タイトル発売されています。

 また、小学校などでボードゲームを取り入れた教育を行うこともあります。

 景観担当では、ボードゲームを教育・意識啓発ツールと捉え、ボードゲームを活用した景観まちづくり意識の啓発に取り組んでまいります。

よくある質問

Q:川崎市に住んでいないけど、申し込みしてもいいの?

A:川崎市外の方も、お申し込みいただけます。

Q:作ったボードゲームはどうなるの?

A:川崎市内のこども文化センターなどへ配布し、市内の子どもたちが自由にあそべるような環境を作る予定です。

Q:一般販売はするの?

A:現在のところ、販売は考えておりません。

Q:どんなテーマのボードゲームを作るの?

A:「みどり」「ゴミ」「街並み」などさまざまなテーマを考えておりますが、最終的にはワークショップを通して決定していきます。

Q:何歳くらいの子どもを対象としたボードゲームになるの?

A:小学校高学年を対象としたボードゲームを考えています。

Q:制作したボードゲーム等の著作権はどうなるの?

A:川崎市に帰属します。

Q:参加できない日程があるが、それでも申し込みしてもいいの?

A:問題ありませんが、5回のうち半数以上は参加していただければ幸いです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局計画部 景観担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-3025(南部)/044-200-3022(北部)
ファクス:044-200-3969
メールアドレス:50keikan@city.kawasaki.jp