スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

里山フォーラムin麻生

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年3月27日

 里山フォーラムin麻生では、麻生区及び周辺地域の里地・里山保全活動を通し、自然や暮らしの歴史、文化等を継承し、次世代へ繋ぐためのさまざまな取組を行っています。

里山フォーラムin麻生の活動内容

  • 里地・里山カフェ塾(万福寺人参、からむし講座、麦の学習)
  • 人材育成交流事業(里地里山ナチュラリスト養成講座、あさお里山こどもクラブ)
  • わたしのまちのホッとする風景写真展
  • 里山フォーラムin麻生の開催
  • 里地・里山だよりの発行

里地里山カフェ塾

万福寺人参品評会&試食会

平成30年12月22日に、第19回万福寺人参品評会&試食会~私の万福寺人参を語り合う会~が開催されました。当日は、小学校で一生懸命万福寺人参を育ててくれた小学生の皆さんも参加してくれました。

万福寺人参品評会審査の様子

万福寺人参品評会審査の様子

人材育成交流事業

里地・里山ナチュラリスト養成講座

養成講座を通じて、足元の自然の魅力を探訪し、学び、作業し、考えました。

柿生の里で竹を切った後の集合写真

柿生の里で竹を切ったあとの集合写真(平成29年度養成講座)

あさお里山こどもクラブ

子どもたちが育つ足元の麻生の里地里山の恵みや不思議を探検・発見、そして体験するプログラムです。耳を澄まし目を凝らし、自分の手と体と心で感じ、自分の頭で考えましょう。「不思議」がむくむく湧いてきたら調べてみよう、聞いてみよう!

遊ぼうパンを焼く子どもたち

柿生の里緑地で、遊ぼうパンを焼く子どもたち(平成29年度こどもクラブ)

第13回わたしのまちのホッとする風景写真展 今編・昔編

暮らしの中で出会った何気ない風景や情景をまちの記憶として共有することを目的とした写真展です。

期間

平成31年2月9日土曜日から平成31年3月13日水曜日まで

場所

麻生市民館オープンスペース

入賞作品

花桃の里

麻生区長賞
「花桃の里」 真下 智彦

朝靄の輝き

麻生市民館長賞
「朝靄の輝き」 谷本 勝彦

春の色

里山フォーラム賞
「春の色」 安藤 敬

水鏡・台風一過の田園

ホッと賞
「水鏡・台風一過の田園」 雛倉 正人

秋の陽は眩しいな

ホッと賞
「秋の陽は眩しいな」 窪田 迅郎

暮秋

ホッと賞
「暮秋」 村上 幸史

どんど焼き

ホッと賞
「どんど焼き」 東川 褆男

2019(第18回)里山フォーラムin麻生

自然とともにある暮らしを大切にするさまざまなジャンルや、小学生・大学生からシニアといった多世代の方々が一堂に会し、交流できるフォーラムです。気軽に来て・見て・知って、これからを考えるヒントに出会いましょう!

日時

平成31年2月23日土曜日 10時から15時45分(開場9時30分)※終了しました

会場

麻生市民館大会議室

内容

岡上小・東柿生小・金程小の体験学習発表、親子で楽しむ自然素材のワークショップ、山伏のほら貝演奏、岡上太鼓演奏、活動団体(30団体)のポスターセッション、トークリレーなど

小学生の発表の様子

小学生の発表より「金程・向原の町を守るために」(平成29年度の様子)

竹を使ったワークショップ

竹を使ったワークショップ(平成29年度の様子)

里地・里山だよりの発行

毎年1回、1年間の活動を報告する里地・里山だよりを発行しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市麻生市民館
〒215-0004川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号
電話:044-951-1300
ファクス:044-951-1650
メールアドレス:88asaosi@city.kawasaki.jp