スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市高層集合住宅の震災対策に関する施設整備要綱の手続きについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年9月5日

概要

 東日本大震災によって、市内の高層集合住宅においてライフラインが停止し、高層階に居住する市民の日常生活に支障をきたした経験を踏まえ、自助・共助・公助の考え方に基づき、行政、市民、事業者が相互に連携、協力し、“安心して暮らすことのできる住環境の形成”に資することを目的とし、平成24年7月1日に「川崎市高層集合住宅の震災対策に関する施設整備要綱」を施行しました。

震災対策用施設の整備概要

 川崎市内の高層集合住宅で、地階を除く階数が10以上の建築物のうち、共同住宅の用途に供するもの(共同住宅以外の用途を併用する場合を含む。)を対象とします。

整備内容

防災備蓄スペース

地階を除く階数10以上の階の居住者が利用可能な位置(各居住階からの最長歩行距離が2層以内ごと)に、停電時に使用可能な照明設備等を有し、震災時の備えとして必要な備蓄品を共同で備蓄するためのスペース

防災対応トイレ

居住者が共同で使用できる避難階の共用部分に、直結給水方式その他停電時に使用可能な設備等を有するトイレ

要綱とガイドラインについて

1 川崎市高層集合住宅の震災対策に関する施設整備要綱

2 要綱に基づく維持管理等のガイドライン

 具体的な整備方法、備蓄品、維持管理方法等について事例をお示ししています。

3 適合証の交付と公表について

 本市が要綱に規定する所定の手続を経て、要綱に定める整備基準に適合していることを確認できたときは、適合証を交付します。
 また、事業者の同意のもとホームページ上で整備基準を満たした旨を市民に公表します。
 併せて、既存の高層集合住宅についても震災対策用施設を整備し、要綱に定める基準に適合していることを確認できたときは、適合証を交付します。

高層集合住宅の震災対策用施設の整備状況

『川崎市高層集合住宅の震災対策に関する施設整備要綱』第9条第4項の規定に基づき、高層集合住宅の震災対策用施設の整備状況を公表します。

 ⇒高層集合住宅の震災対策用施設の整備状況(整備基準適合証の交付を行った建築物)

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局総務部まちづくり調整課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2953

ファクス:044-200-0984

メールアドレス:50matyo@city.kawasaki.jp