スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

船頭小屋(せんどうごや)「菅の渡し」(「すげのわたし」)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

社会>交通手段>船

所在地

川崎市多摩区枡形7‐1‐1

所有者

川崎市立日本民家園 map

船頭小屋「菅の渡し」

船頭小屋「菅の渡し」

この船頭小屋は、昭和4年から45年まで多摩川の「菅の渡し」で使用されていました。当時の場所は稲田堤の京王線鉄橋横にあり、民家園で展示されている小屋の脇には大正14年銘の「菅の渡し道しるべ」の石標も立てられています。小屋の四隅の柱には、増水時に小屋が移動できるよう、丸太を通して担ぐための鉄輪がとりつけられています。多摩川の「菅の渡し」は江戸時代からあり、昭和45年頃に廃止されました。その後、菅町会がこの小屋を保存していましたが、昭和48年になって川崎市立日本民家園に引き取られ、このように展示されることになりました。

一般公開 有

お問い合わせ先

川崎市立日本民家園

電話:044‐922‐2181

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp