現在位置:

スハ42型客車(すは42がたきゃくしゃ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

社会>交通手段>鉄道

所在地

川崎市多摩区枡形6-26-1 生田緑地内

所有者

川崎市(建設緑政局 生田緑地整備事務所)

スハ42型客車

スハ42型客車

この客車は、昭和23年に日本車輌製造株式会社でつくられ、国鉄(現JR)常磐線経由東北線の上野~青森間を約37年間に555万キロメートル(地球を約140周)走り続け、昭和60年3月水戸機関区で廃車となりました。その後、国鉄大宮工場で改装し、国鉄梶ヶ谷貨物ターミナル駅まで回送され、ここから40トン積みトレーラーにより運搬し、据え付けました。客車の形式は、形式がスハ42-2047(一般座席客車)、定員は88人乗り、重さは自重33.4トン、積車40.0トン、長さは19.5メートル、高さは4.02メートル、幅2.90メートルです。生田緑地の青少年科学館脇にD51機関車と一緒に展示されています。

一般公開 有

お問い合わせ先

川崎市建設緑政局 生田緑地整備事務所

電話:044‐934‐8577

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp