宮前区地域自立支援協議会

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年9月4日

新しいお知らせ

H30.7.17:H30年度4月定例会、H30年度4月専門委員会報告書を追加しました

H30.8.9:H30年度5月専門委員会報告書を追加しました

H30.10.31:H30年度6月定例会、8月定例会、7月専門委員会報告書を追加しました

イベント報告

平成27年9月29日(火)に地域支援講座「学齢期の悩みと支援-もっと情報共有しましょう!-」が宮前区役所大会議室で開催されました。当日は発達に心配のある学齢期児童の保護者、児童の支援者、一般市民からの参加があり、より具体的なサービスの案内や個別相談、興味のあるテーマごとに分かれグループワークを行いました。参加者からは、「具体的なサービスや相談場所を知ることができて安心した」「先輩保護者の話を聞くことができて良かった」などの感想を聞くことができました。

講座の様子

宮前区地域自立支援協議会とは

宮前区の地域で暮らす方、障害のある方が、一市民として、あたり前のくらしが送れるように、皆様(当事者)と一緒に作り上げていく事を念頭に活動しています。

宮前区地域自立支援協議会の特徴

1.宮前区地域自立支援協議会の構成メンバーについて

宮前区内の基幹・地域相談支援センター(4ヶ所)と保健福祉センターを中心に、障害福祉サービス提供事業所、教育機関、地域包括支援センター、障害者(児)の専門機関、区社会福祉協議会、当事者(家族)等が参加し運営しています。

2.宮前区地域自立支援協議会の実施状況について

運営会議

毎月開催しています。

宮前区内の相談支援事業所、保健福祉センター、専門機関が集まり、全体会議で行う内容や専門委員会の取り組みについて確認を行っています。

全体会議

偶数月に開催しています。

宮前区でのくらしの課題について共有し、改善・解決するために、勉強会や意見交換会等を行なっています。

専門委員会

奇数月に開催しています。

複数の委員会に分かれて活動しています。

平成28年度の活動について

1.活動テーマ

地域でつながり、みんなの暮らしやすさを広げるために、今年度は「私たちの地域の今の地域資源や課題を知る」をテーマに活動しています。

2.専門委員会

児童専門委員会、くらし専門委員会(防災、移動)、相談支援専門委員会に分かれて活動しています。

児童専門委員会

児童専門委員会は「子育て支援の情報収集と提供」がテーマです。保護者や地域の方を対象とした地域講演会の開催、情報誌のふれあいジュニア(第4号)の発行を中心に、「どこに相談してよいかわからない」を解消し、さまざまな情報を届けていければと考えています。

くらし専門委員会

くらし委員会では、障害のある人の暮らしに関わる困りごとの解消を目指しています。今年度は、「災害時の備え」「移動手段」の困りごとを明らかにして、整理した上で、有益な情報を届けていく活動を展開していきます。

相談支援専門委員会

相談支援委員会では日々の支援を振り返り、宮前区の相談支援体制づくりに向け、問題となりえる事柄を整理します。その上で地域の実情に合わせ、具体的に区協議会で取り組む内容を検討します。

宮前区地域自立支援協議会広報紙

宮前区地域自立支援協議会活動報告

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所保健福祉センター高齢・障害課

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地5

電話:044-856-3242

ファクス:044-856-3163

メールアドレス:69kourei@city.kawasaki.jp