スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

給水装置工事の指定範囲におけるPD・VD管の指定廃止及び経過措置について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年4月1日

コンテンツ番号149897

給水装置工事の指定範囲(配水管への取付口から第1バルブまで)における50mm以下の給水管種について、ポリエチレン粉体ライニング鋼管(PD)及び硬質塩化ビニルライニング鋼管(VD)を廃止し、指定管種をステンレス鋼管(SUS)のみに変更しました。

対象の範囲

配水管への取付口から第1バルブまでの給水管

指定管種

  • 波状ステンレス鋼管(JWWA G 119)
  • ステンレス鋼鋼管(JWWA G 115)

適用日

令和5年4月1日

経過措置

令和6年3月31日までに申込みをされる給水装置工事については、従来の器材を使用することができます。

指定廃止となる器材

  • ポリエチレン粉体ライニング鋼管(PD)
  • 硬質塩化ビニルライニング鋼管(VD)
  • 分水用自在継手
  • ユニオン
  • 水道用ライニング鋼管用液状シール剤
  • 水道用ライニング鋼管用ねじ切り油剤
※上記以外の器材(分水サドル、止水栓等)に、変更はありません。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局サービス推進部給水装置課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3141

ファクス:044-200-3997

メールアドレス:80kyusui@city.kawasaki.jp