スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

平成23年度川崎市イメージアップ認定事業一覧

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年5月8日

平成23年度川崎市イメージアップ認定事業一覧

KAWASAKI STREET MUSIC BATTLE 4

川崎市内や川崎近隣で活動するミュージシャンの発掘と育成を目標としたコンテスト方式のライブイベント。新たな展開として市内の商店街、また高校生や専門学校生、大学生からの出場枠をもうけ、これまで以上に地元に根付いたイベントを目指します。グランプリを獲得したアーティストはプロジェクト参加団体がPRをサポートし全国へ発信します。

事業実施者 株式会社チッタエンタテイメント外部サイトへリンクします

川崎宿・街角ミュージック~江戸から未来へのクロスロード~

川崎宿佐藤本陣の末裔、詩人佐藤惣之助や橘郡役所跡の碑が建つ、いさご通りを、佐藤惣之助と昭和歌謡、そしてバスカーが象徴する現代の音楽シーンを過去から未来へ繋ぐ重要な要素と捉え、時空のクロスロードとして新たな文化発祥の胎動を促します。

事業実地者 川崎砂子会協同組合

江戸前かわさき文化塾(川崎イースト・カルチャー・アベニュー)

平成22年度認定の「新たな川崎の観光土産とガラス体験観光事業の開発」が好評を得、応募者が殺到したのを受け、「江戸前かわさき文化塾(川崎イースト・カルチャー・アベニュー)」と銘打ち、事業の発展的拡充を図り、ブランド化を目指します。「手作りの”美”、伝統の“技”」のガラス体験を目玉の一つとし、砂子の里、お大師の文化観光資源と融合・協力して多摩川河畔ベルト地帯へ観光客を呼び込みます。

お大師様でアート

 “アートかわさき”は、川崎臨海部でアート展を6年6回開催し、都市の活力を得ることができました。この実績をもとに、お大師様のマチでアートします。山門前から、通り・街頭・店のガラス戸など、また一角にギャラリーを仮設、週末はイベントを催します。由緒あるお参りのマチと現代アートのマッチングはもうひとつの新しいマチの魅力づくりを提案します。

事業実施者 Art Kawasaki実行委員会外部サイトへリンクします

舞台「太陽の塔」

平成23年は岡本太郎生誕100年の節目の年です。地元の方々に岡本太郎をさらに違う角度から知ってもらうように、又、普段あまり観劇に縁のない方々、そして中・高校生と老若男女を問わず岡本太郎を楽しんで知って頂いただけるように地元の商店街の方々とも協力して進めます。

事業実施者 有限会社 岡部企画外部サイトへリンクします(リンク先は岡部耕大の部屋)

「川崎市の昭和」写真展(仮称)

川崎アゼリア25周年記念事業の一環として“ふるさと川崎”をテーマとした「川崎市の昭和」写真展を開催します。地域に根差し、市民の皆様のご愛顧からなる商業施設として、この写真展によって市民の皆様との関係深化と地域への貢献を目的に実施します。

事業実施者 川崎アゼリア商店会外部サイトへリンクします

僕たち私たちが大好きなまち かわさき

川崎市内の小学生を対象に、ラジオというメディアを通して自分達の街である川崎をPRします。子供達の情操教育の一環として放送局という職業体験をし、さらには自分達でラジオコマーシャルを制作し、自分達の街・川崎をPRする子供達の体験型ラジオ番組です。

事業実施者 株式会社アール・エフ・ラジオ日本外部サイトへリンクします

S級グルメ第1回キムチグランプリ~川崎にはキムチがある~

桜本地域には専門店、焼肉店、韓国食材店などで多くの自家製キムチが販売されています。また、多くの在日コリアンのオモニ、ハルモニたちが自宅でキムチを作っています。こうしたキムチを一堂に集めた「キムチグランプリ」を開催し、桜本地区、田島地域、川崎市全体のまちおこしを図ります。

事業実施者 キムチフェスティバル実行委員会

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局シティプロモーション推進室 ブランド戦略担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2297
ファクス:044-200-3915
メールアドレス:17brand@city.kawasaki.jp