ハチの駆除方法

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年6月27日

ハチの駆除方法

スズメバチなど攻撃性が高いハチの巣ができた場合は、業者に駆除を依頼します。
アシナガバチなどの攻撃性が弱いハチや、スズメバチでもできたばかりの小さな巣などは、市販の薬剤を使い個人で駆除することもできます。
・・・でも、ちょっと待って!
ハチは毒を持っている虫ですが、花粉を媒介する、他の虫を捕食するなど自然界のなかで重要な役割を持っています。ハチが人を刺すのは、巣が危険にさらされたとハチが判断したときだけです。(巣から離れて飛んでいるハチは、普通人を刺しません)

チャドクガを食べるコアシナガバチ

←チャドクガ(幼虫)を捕まえたコアシナガバチ

また、ミツバチ以外のハチの巣は、冬になると皆死んでしまいカラになります。その巣を来年使うことはありません。
人の出入りが少なく、駆除をする必要の無い場所のハチは、そっと見守ってあげましょう。

準備するもの

  • スプレー式殺虫剤
    ハチ専用のスプレー式殺虫剤を使用してください。スプレー剤が途中で無くならないように、十分な量があることを確認してください。
  • ゴミ袋(巣とハチを入れる)、棒や虫取りあみなど巣をはずすもの、ほうき・チリトリ、脚立、懐中電灯

いつ、どんな格好で?

  • 駆除をする時間は?
    日中は巣を離れているハチがいるので、ハチが戻ってきたあとの、日没後2~3時間に駆除をおこないます(明るいうちに、巣の位置や大きさを確認しておきます。暗がりで駆除をするので足元も片付けておきましょう)。また、巣が隣の家の窓などに面している場合、あらかじめ駆除するということを伝えたうえ、窓などを閉めてもらってください。
  • 服装
    ハチの数が多い場合、スズメバチなど攻撃性が高いハチの場合は、防護服を着用してください(保健所で貸出しをしています)。厚手の素材でなるべく白系のものを身に着けます(黒い色に攻撃してくる習性があります)。長そでの服(トレーナー、上着など)、長ズボン、軍手、帽子をかぶり、できればその上に雨カッパなどを着用します。皮膚は露出しないようにしてください。

駆除の手順

  1. 巣の近くは薄暗くした状態で、足元を懐中電灯(点滅させる)で照らしながら巣にそっと近づきます。
  2. 殺虫剤をスプレーする場所を確認します。アシナガバチは巣全体に、スズメバチは巣の出入り口の穴に向かってスプレーします。あらかじめ風向きを確認しておきましょう。
  3. 位置を確認後、スプレーします。ハチは、薬剤が体に付くとすぐに動きを止め、床にぼとぼとと落ちます。向かってくることはありません。落ち着いて数秒間、スプレーをかけ続けます(途中でやめない)。
  4. 十分にスプレーし、表面のハチが落ち、中からもブーンという音がしなくなったら、棒などで巣を外します。スズメバチの場合、表面にハチがいなくなった後も穴から内部へ十分に噴霧します(穴から噴霧された薬剤が蒸散して巣内に行き渡り、中のハチを殺す。心配な場合は数箇所棒などで穴を開け、そこから再度スプレーをしてください)。
  5. ほうきとチリトリで落ちたハチや巣の残骸を集め、ゴミ袋に入れる。袋内にもう一度殺虫剤を噴霧し、袋を密閉して捨てる。

※巣からハチが飛び散った場合落ち着いて、懐中電灯をつけた状態で床に置き、少し離れる。ハチは電灯に集まってくるので、集まったハチに向かって殺虫剤を噴霧する。

注意!
死んだハチに触れないでください。スズメバチは死骸でも、体がちぎれて腹部と針だけになっても、腹部に触れると反射的に毒針を動かし刺すことができます。

ハチに刺されてしまったら

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課 健康危機管理担当(感染症担当)

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp